1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 8月の草花>
  4. コガンピ
【科名】
ジンチョウゲ科
【和名・別名】
小雁皮/別名イヌガンピ
【撮影日時】
2016年8月11日(木)/11時23分〜11時30分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉深川番屋峯線沿い
【名前の由来】
役に立たない木という意味で付けられています。
【コメント】
夏から初秋にかけて、山林のやや乾燥した場所に生え、いっせいに花を咲かせてくれます。
山林ならどこでも咲いているかと思ったら、意外と見かけるのは少ないです。コガンピは、本来なら草花ではなく樹木に属します。
高さは30〜70センチくらいです。日当たりは少しよいですが、日陰もできやすい場所に生えていることが多いです。
コガンピ

コガンピの花期は、7〜8月です。里山の道沿いで生えています。なお、道沿いなので、払われていることも多くて気づかないこともあります。

コガンピの花・茎・葉の画像

葉は単葉で互生し、長さ3〜4センチの楕円形です。草丈は、高いもので約70センチです。

コガンピの花の画像

コガンピの花びらです。花びらは4枚で、中心部は黄色くなっています。

コガンピの群生・総状花序の画像

通常、日当たりのよい道端に生える落葉小低木です。茎は直立して、ほぼ同じ高さにまで生育します。
茎には、短い毛が密生しています。

コガンピの群生した画像

生えている場所は、やや乾燥した道沿いです。この付近で群生しています。

2013.12.17〜