ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 12月の草花 > リュウキュウテイカカズラ

【 草花の諸データ 】

【科名】
キョウチクトウ科
【和名・別名】
琉球定家蔓 Trachelospermum asiaticum
【撮影日時】
2016年6月3日(金)/8時53分〜8時56分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納県道75号線沿い、安城高山道沿い、下西川迎道沿い
【名前の由来】
藤原定家にちなんで付けられたものです。

【 生態状況 】

リュウキュウテイカカズラは、初夏の海岸線を白い花で飾ってくれます。樹木に絡み付いて生えて、たまに垂れ下がっているものも見かけます。

白い花びらですが、黄色っぽく見えます。海岸に近い場所だけでなく、内陸部にも咲いています。花びらは5枚で、ほとんど匂いはありません。

種子島では、道沿いで車窓からも確認できます。

リュウキュウテイカカズラの花期は、5〜8月です。種子島では、海岸付近、少し内陸部でも自生しています。ほかの樹木に絡みつき、一面覆いかぶさっていることもあります。

花びら

花の直径は、15ミリ前後です。大きく5裂しており、花片の先は、そり返るかのように少し尖っています。

紅葉

リュウキュウテイカカズラの紅葉は、大変綺麗です。その中に新緑の葉と同時に見られ、葉を楽しむこともできます。【平成23年5月4日撮影】

リュウキュウテイカカズラ
リュウキュウテイカカズラの虫えい

写真は、リュウキュウテイカカズラの虫えいです。果実みたいに太くなっているところです。この中には、たくさんのハエの幼虫が住んでいるのです。テイカカズラでは、テイカカズラミタマバエといわれています。【平成22年2月12日撮影】

2013.12.20〜