ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 1月の草花 > サルトリイバラ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ユリ科
【和名・別名】
猿捕り茨 Smilax china
【撮影日時】
2017年1月31日(火)/12時39分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市能野林道沿い、安納林道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

サルトリイバラは種子島の各地で見ることができます。地元では「カカラマンジュウの葉っぱ」、「カカラン葉」などと呼んでいます。この葉っぱで饅頭を作ったりします。

葉っぱの付け根に巻きひげがあり、ほかのものに巻きつきます。初夏に花をつけますが、冬には実が熟します。さらに熟すと赤くなります。

しかし、風雨により果実は落下しやすく、まともについているところをほとんど見る機会がありません。写真のサルトリイバラ、冬枯れを楽しむことができます。

サルトリイバラの花期は、4〜5月です。日当たりのよい場所で群生することが多いです。つる性ですので、他の樹木に絡みつきながら伸びています。真冬に果実が赤黒く熟します。

サルトリイバラの葉と茎

サルトリイバラは、乾燥した場所に生えていますが、冬の間に葉が落下しますので、目立たなくなります。

サルトリイバラの新芽と花

春になると、サルトリイバラの新芽が活発に出てきます。花のつぼみも多数つけています。鮮やかな薄緑色の葉が目に付きます。【平成23年4月2日撮影】

サルトリイバラ
サルトリイバラの葉

春になると、サルトリイバラの葉を楽しめます。褐色、或いは、紅色に染まっているのです。他の木に絡まっている様子は、大変見ごたえがあります。次第に成長するにしたがい、本来の緑色になります。【平成23年3月19日撮影】

サルトリイバラの果実

真冬には、葉は落下して褐色の茎だけになり、赤黒い果実を多数つけています。果実の大きさは、直径7〜9ミリです。

2013.12.21〜