1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. シバハギ
【科名】
マメ科
【和名・別名】
芝萩 Desmodium heterocarpon
【撮影日時】
2016年10月2日(日)/9時24分〜9時40分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田鹿之峯道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
秋になれば、萩の仲間が花を咲かせてくれます。シバハギは、地面を這うように道端で群れて咲いています。
花は赤紫色で、大変鮮やかな草花です。種子島でもたくさん咲いており、これから楽しめます。
シバハギ

シバハギは、日当たりのよい里山の道端や草地、空き地などで生えていることが多いです。花期は、8〜10月です。

シバハギ

葉は、3出葉の小葉で、長さは2〜3センチ、幅は、1〜2センチの長卵形です。先は丸くなっています。

シバハギの花の画像

茎の先端部に総状花序をつけます。長さは、5〜8センチで、蝶形の濃い紅色の花を咲かせます。また、斜めに這いあがるように傾斜しています。

シバハギの群生の画像

草丈は、25センチ以下が多いです。地面を這いながら先端部の総状花序の部分が斜上します。茎は赤褐色で、白い毛に覆われています。

シバハギの群生の画像

グループを成すように、ところどころで仲間で生えていることが多いです。

2013.12.27〜