ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 7月の草花 > テリハノブドウ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ブドウ科
【和名・別名】
照葉野葡萄 Ampelopsis brevipedunculata
【撮影日時】
2011年7月2日(土)/11時49分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立山野木、古田十三番、池野農道沿い
【名前の由来】
葉に光沢があるため付けられています。

【 生態状況 】

山道や野原などでノブドウをたくさん見かけます。種子島では、海岸付近でも多く見かけるノブドウです。初夏に花を咲かせ、秋に熟した実を付けていきます。

熟すときにいろいろな色に変色していきます。紫色に変色すると美味しそうに見えますが、まずくて食べられませんのでご注意ください。写真のノブドウは、実がほとんど変色していません。

種子島では、海岸付近から内陸部まで、ごく普通に生えています。

テリハノブドウの花期は、7〜8月です。主に海岸付近で群生していることが多いです。普通のノブドウに比べて葉に光沢があることです。

テリハノブドウの果実

10月になると、ノブドウの果実も紅色に熟してきます。見た目は綺麗でいかにも美味しそうに見えます。これから冬にかけていろいろな色に変色していきます。【平成22年10月11日撮影】

テリハノブドウの果実

晩秋になると、ノブドウの果実も熟し、次第に茶色に枯れかけてきます。茎や葉も気温の低下とともに傷み、冬を迎えることになります。晩秋のノブドウです。【平成22年11月22日撮影】

テリハノブドウ
海岸付近のテリハノブドウ

県道沿いのテリハノブドウです。ほかの樹木に絡みつき、覆いかぶさるように群生しています。この時期は、青い果実です。

2013.12.21〜