ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 6月の草花 > ヤマハギ

【 草花の諸データ 】

【科名】
マメ科
【和名・別名】
山萩
【撮影日時】
2009年6月14日/8時25分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町油久農道沿い、大牟礼道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

萩の仲間で、いち早く花を咲かせてくれるヤマハギです。萩は一般的に秋に咲く花ですが、ヤマハギは初夏に開花します。

ヤマハギの大きな特徴は、葉の付け根から長く出た枝に花が咲くことです。したがって、花が枝垂れることがありません。

もちろん、マメ科の植物ですので、花びらの形はチョウ形になっています。ピンク色或いは、紅色の鮮やかな色彩が素晴らしいことです。緑色とよくバランスが取れて、見る人を楽しませてくれます。

全般的にヤマハギは、見かける機会が少ない植物です。希少植物のひとつです。

ヤマハギの花期は、7〜9月です。暖地の種子島では、6月には開花しています。写真のものは、背丈が約2メートルです。

ヤマハギの頭花

上方の枝に、長さ約1.5センチの紅紫色の花を密に咲かせます。

ヤマハギの花びら

ヤマハギの小葉です。長さ2〜4センチほどの卵形の楕円形です。【平成22年6月12日撮影・大牟礼】

ヤマハギの花びら

ヤマハギの茎です。上方になるにしたがい、分岐が多くなっています。【平成22年6月12日撮影・大牟礼】

ヤマハギ
密に咲いたヤマハギ

ヤマハギは、道沿いの草地や林縁などで見られていました。種子島では希少植物で、最近、道路整備等により、払われてなかなか見る機会がありません。【平成22年6月12日撮影・大牟礼】

密に咲いたヤマハギ

場所によっては、ヤマハギは、群生というより、グループで生えていました。現在、この地に生えていません。【平成22年6月12日撮影・大牟礼】

2013.12.21〜