サーフィンは、ここで!

ふるさと種子島 > サーフィンは、ここで!

種子島は周囲を海に囲まれています。東は太平洋、西は東シナ海です。特に太平洋側では、サーフィンに適したうねりのある大波が打ち寄せてきます。一年中どこかの海岸で、サーフィンを楽しむことが出来るのが魅力です。その中で、サーフィン場所として、鉄浜海岸は全国的にも有名になっています。数ある中から種子島で人気のあるサーフィン場所を掲載しています。
なお、サーフィンにもルールとマナーがあります。海はサーファーだけのものではありません、地域住民の方の迷惑にならないようマナーをしっかり守ってください。また、地域住民はもとよりローカルなサーファーとのトラブル等ないよう十分ご注意ください(優先権はローカルにあります)。

サーフィンする海岸の位置

種子島のサーフィンマップ 沖ヶ浜田海岸 浅川海岸 鉄浜海岸 大花里海岸 下石寺海岸 能野海岸 犬城海岸 中山海岸 上方海岸 竹屋野海岸 乗浜海岸 長浜海岸 長浜海岸 竹崎海岸 前之浜海岸 前之浜海岸 前之浜海岸 地図上の海岸名をクリックすると、サーフィン場所が表示されます。ただし、次の文字をクリックしても表示されませんのでご注意ください。

西之表市、中種子町、南種子町、馬毛島、東シナ海、太平洋

以上の文字です。

サーフィンについて...

数年前から、種子島でサーフィンが盛んになってきました。サーファーの中には、種子島の波に魅了され移住する若者も増えてきています。

また、民宿やマリンスポーツを扱うショップも島内で多く見られます。最近では、スキューバーダイビングやシーカヤックなども人気が出てきています。

マリンスポーツは、常に危険と隣り合わせであることを忘れないでください。平成21年2月24日午後1時ごろ、南種子町下中郡川河口付近で、女性サーファーが事故にあい救助されています。一人でサーフィンすることは最も危険です。必ず仲間同士で行ってください。また、海の状態によっては、勇気を持ってやめる判断も必要です。

種子島の波で、事故のないサーフィンをお楽しみください。なお、種子島の海岸は、大変美しい海岸です。ゴミのポイ捨ては論外です。海岸を汚さないようご協力をお願いいたします。