種子島でトックリキワタが初めて開花!

  1. ふるさと種子島>
  2. 西之表市の旅行・観光情報>
  3. 種子島でトックリキワタが初めて開花!
トックリキワタ

平成25年12月8日(日)、西之表市松畠にお住いの川野さん宅に行きまして、満開になったトックリキワタを撮影してきました。

トックリキワタは、バンヤ科(アオイ科とも)に分類される落葉高木です。原産地は、ブラジル南部からパラグアイ、アルゼンチンにかけての南アメリカ中部といわれています。

南米では街路樹として広く植栽されている花木です。日本では、沖縄本島の各地に街路樹として植栽されているものです。

川野さんによると、平成5年に造園業者が沖縄から入手し、それを庭の片隅に植えていましたと話しています。トックリキワタは、熱帯植物なので、今年まで、一度も花を咲かせることはなかったそうです。しかし、今年は暖かい年なのか、植栽してから20年ぶりに見事な花を咲かせたと喜んでいました。

トックリキワタ

写真一枚目は、トックリキワタの開花状況です。枝先に鮮やかなピンク色の花を咲かせています。トックリキワタの樹高は、約10メートルです。樹皮は、灰褐色で少しざらつき、特に上部には鋭い刺みたいなものがあります。写真でも確認できると思います。

ところで、トックリキワタは、別名、ヨッパライノキとも呼ばれています。花びらは、風雨に大変弱いのも特徴です。

写真二枚目は、屋根越しに撮影した開花状況です。特徴である花を多数つけているのが確認できると思います。通常の開花時期は、9〜12月までとされています。

種子島で初めて開花したトックリキワタを写真と動画で掲載しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島でトックリキワタが初めて開花!

2013.12.12〜