広田遺跡ミュージアム

広田遺跡は、今から1700年前〜1300年前(弥生時代終末期〜古代)にかけての集団埋葬墓の遺跡です。これまでの発掘から人骨は美しい貝のアクセサリーを身につけて埋葬されていたのが大きな特徴で、他に類がないものなのです。

昭和30年9月に襲った台風22号の潮害によって、海岸に散乱していた人骨を広田部落の長田茂氏が発見したのが最初です。

ミュージアムは、国史跡広田遺跡のガイダンス施設となっています。館内には、出土品、集団墓地や埋葬の様子、遺跡の特徴などを実物、模型、映像などによって展示しているものです。

埋葬墓

その後、九州大学の教授を中心にその調査団が結成され、文部省の助成を受けながら、約三年の月日を費やして発掘しています。

そして、調査の結果、弥生時代の中期から後期に及ぶ埋葬杜で中国古代の埋葬習俗のあった珍しい遺跡でした。

また人骨は100余体にのぼっています。出土品に貝製品があり、中国古代に発行した「トウテツ紋」の彫画のある「貝符」などの貝器が発見されたのはこの遺跡だけということです。

人骨

そのなかで、貝器の一つに隷書体できざまれた「山」の字は、日本最古のものとして貴重な資料であるとのことです。

【 観覧料金 】
  町 内 町 外
個人 団体 個人 団体
一 般 200円 150円 300円 250円
子 供 無料 無料 150円 100円
【 体験学習料金 】
勾玉・貝殻アクセサリー・貝輪づくり他 初級コース 300円
中級コース 500円
上級コース 1,000円
特設コース 3,000円

※ 団体とは、引率者のある20名以上の団体という。
※ 一般とは、高校生以上をいう。
※ 子供とは、中学生以下をいう。

開館時間/午前9時〜午後5時

休館日/月曜日(祝日の場合翌日) 12/29-1/3

〒891-3702 鹿児島県熊毛郡南種子町平山2571
TEL 0997-24-4811 FAX 0997-26-7744

【観光場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町平山広田
【アクセス】
西之表港から車で約75分、種子島空港から約50分
【駐車場】
あります
【トイレ】
あります
【注意点】
特になし

※ 2015年3月1日、南種子町平山広田遺跡公園で行われた広田遺跡ミュージアムオープン!の模様を紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

国史跡広田遺跡ミュージアムオープン!

※ 平成26年12月23日(火)、南種子町平山広田埋葬遺跡を撮影したものです。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

弥生時代後期後半〜古墳時代にかけての大規模な墓地遺跡広田遺跡

2016.8.31〜