上妻阿波守家真の石塔

中種子町増田中之町にある上妻阿波守家真(こうづまあわかみいえまさ)の石塔です。中種子町の文化財に指定されています。

増田中之町増田郵便局前の道路を少し北へ行くと、右のT字交差点の角に案内の標柱が立っています。それが目印になります。

そこから、上り坂を100メートルくらい行ったところに、また、案内板が見えているので分かるようになっています。

「文化七庚午年十月 支流 上妻九師左衛門藤原宗垣? 上妻七兵衛藤原・・・」

吾祖上妻阿波守家真大人當時在鎌倉?種子島?宰・・・・・采地五十町歩於増田村十七世阿波家・・・以下省略」など・・・と刻まれています。

また、案内板によると、上妻氏は鎌倉時代種子島で政務を執っていたが、やがて種子島氏が島内を治めるようになったが、種子島氏から懇願されて種子島に留まり増田に50町歩を譲渡され古房で山城を築いたといいます。

【観光場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田中之町
【アクセス】
西之表港から車で約60分、種子島空港より車で約20分
【駐車場】
付近の空き地に止めてください
【トイレ】
ありません
【注意点】
特になし

※ 中種子町増田中之町にある上妻阿波守家真(こうづまあわかみいえまさ)の石塔を撮影したものです。

種子島の名所・観光スポット:鎌倉時代種子島で政務を執っていた上妻阿波守家真の石塔

2016.9.1〜