中種子町立南界小学校「PTAいかだ大会」

ふるさと種子島 > 中種子町の旅行・観光情報(学校案内) > 南界小学校「PTAいかだ大会」

子供たちが地引き網、いかだ遊びを体験

中種子町立南界小学校は、中種子市街地から南に約15分下った国道58号線沿いにあります。学校の近くには、中種子町の観光地として有名な「日本一の大ソテツ」もあります。南界校区は、太平洋に面しており、景色の素晴らしい熊野海岸があります。平成21年7月4日(土)、熊野海岸においてPTAいかだ大会が盛大に行われました。今年で21回目を迎えています。学校行事の中では最も伝統的なものです。いかだ大会には、子供たち53名が参加し、地引き網、いかだ遊び、そして海水浴などを楽しみました。

熊野海岸は、寝食された岩屋や海岸線が美しいことで、種子島でも有名な観光スポットになっています。夏は、自然レクレーション村で、海水浴やキャンプもできる海岸です。午前9時に集合し、開会のあいさつのあと、水難救助法講習会、場所を移動して地引き網、いかだつくり、いかだ遊び、昼食、海水浴など行われました。

地引き網は、10時ごろから熊野漁港の西側の海岸で行なわれ、沖合いに船が出て網を仕掛けることから始まりました。準備が整うと、浜にいる子供たちが、東西に別れ大きな掛け声をかけながら網引きを行ないました。網を引いてから約15分、大物の魚の入った網が姿を現し、子供たちからは、大歓声が起り、砂浜に笑顔が漂っていました。地引き網体験後は、自然レクレーション村に戻り、いかだつくり、そしていかだ遊びを行いました。その模様を写真18枚掲載しています。

いかだ大会に関することは、中種子町立南界小学校(0997-27-9009)へお問い合わせてください。

PTAいかだ大会 1ページ目を表示中...
1 | 2 |

中種子町立南界小学校正門 水難救助法講習会 いざ、地引き網の開始!
中種子町立南界小学校正門 水難救助法講習会 いざ、地引き網の開始!
南界小学校の正門付近を写しています。手前は国道58号線で、近くに坂井豊受神社があり、その境内に「日本一の大ソテツ」があります。 地引き網の前に、水難救助講習会の模様です。搬送法の講習で、二人で搬送しているところです。 写真は、東側の網引きの様子です。みんな笑顔で楽しそうに引いていました。網引きを始めて1分経過しています。
いざ、地引き網の開始! 網引きも終盤へ 魚をゲット!
いざ、地引き網の開始! 網引きも終盤へ 魚をゲット!
写真は、西側の網引きの様子です。開始してから3分後です。 網引きを開始してから18分が経過しています。地引き網も終盤です。この日、クラゲの大群が網に掛かっており、網み引きも大変でした。 網も引き終わり、子供たちが一斉に魚を捕まえているところです。掛かったボラを投げています。網引きから21分が経過しています。
獲れた魚 いかだを組立てる いかだが完成!
獲れた魚 いかだを組立てる いかだが完成!
網に掛かった魚は、ボラ、アジの子、メコンなどでした。小さなエイも掛かっていました。写真はメコンです。メコンとは、メアジのことです。 地引き網が終わると、いかだつくりです。子供たちも一緒になって、いかだを組むお手伝いをしてくれました。地域ごとにいかだを4つ組立てました。熊野、新町・塩屋、中田・本村、田島の地域別です。 いかだを組立ててから約35分で完成しました。熊野地域のいかだです。子供たちの記念撮影です。
いかだの完成! 海へ! いかだは楽しい!(熊野)
いかだの完成! 海へ! いかだは楽しい!(熊野)
いかだの飾りつけも終わり完成です。手前から、田島、新町・塩屋、熊野、中田・本村のいかだです。 いかだも無事完成し、いざ、海へ!いかだには、保護者二名がついていきます。 熊野子ども会のいかだです。いかだ一隻に小型船が一隻ついています。海の上は、やはり、楽しいものです。
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町坂井熊野海岸
【撮影日】
2009年7月4日/9時17分〜13時23分(写真情報 10.9〜19.6KB/OLYMPUS E-510)

PTAいかだ大会 1ページ目を表示中...
1 | 2 |