ふるさと種子島 > 中種子町の旅行・観光情報(学校活動) > 納官小学校林業教室しいたけ育成体験

しいたけの種ごま打込みなどを体験

平成29年3月1日(水)、中種子町立納官小学校で、出前授業森林・林業教室が熊毛支庁林務水産課東氏の指導により「しいたけ育成体験が、全児童を対象にして行われました。

納官小学校では、「笑顔いっぱい 花いっぱい 夢広がる 納官小」をキャッチフレーズに掲げ、「夢に向かって学び続ける 心豊かで たくましい納官の子の育成」の教育目標で育成活動を行っています。

体育館で、一般的な森林のことやきのこのこと、しいたけ栽培についての基礎知識について学んだあと、クヌギの原木に穴をあける体験、種ごまの菌打込み体験などを行いました。

その、しいたけ育成体験の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、日本PTA会長表彰記念祝賀会や学校についての詳しいことは、中種子町立納官小学校(0997-27-0179)へお問い合わせてください。

林業の座学

体育館での座学です。森林の基礎的なことについて学びました。自然な山、スギなどを植樹した山などです。

林業の座学

林業の座学です。森林で人はどんなことをするのかというもので、普通は、山菜取りをしたり、伐採作業をしたり、植樹をしたりといろいろありますね。

こちらは、高学年によるドリルでの穴あけ体験です。原木を指導員が支えてくれています。

ドリルで穴をあける体験

クヌギの原木にドリルで穴をあける体験です。一人が原木を支えてもう一人がドリルで穴を開けます。みんな上手でした。

種ごま打ち込み体験

穴あけ作業が終わると、しいたけ菌の種ごまを打ち込みます。

種ごま打ち込み体験

原木に種ごまを打ち込む体験です。金づちを使って、上手に打ち込みました。

種ごま打ち込み体験

こちらは、低学年の種ごま打ち込み体験です。一人は原木を支えています。

ドリルでの穴あけ体験
原木に名前を記入

種ごまの菌打込みが終わると、自分の原木に名前を記入します。

並べられた原木

こちらは、原木への菌打込みがすべて終了しました。日陰で原木を置いてしいたけが出るのを待ちます。約一年ほどで収穫できます。

おわりの会での児童代表お礼のことば

写真は、おわりの会での児童代表お礼のことばです。きのこの種類が4000〜5000あることに一番驚いたことや収穫を楽しみながら体験できたこと、そして、教室を開いてくれたことに感謝のことばなどを話しました。

※ 2017年3月1日、種子島の中種子町立納官小学校で行われた森林・林業教室しいたけ育成体験の模様を紹介しています。この動画の中には、教室でのしいたけの栽培方法、体育館前でのクヌギの原木の穴あけ体験、しいたけ菌の種ごま打ち込み体験、児童の感想などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:納官小学校林業教室しいたけ育成体験

 
 
【撮影場所】
鹿児島県中種子町立納官小学校
【撮影日時】
2017年3月1日(水)/10時09分〜11時10分
2017.3.2〜