自衛隊装備品一般公開

12式地対艦誘導弾発射装置

平成30年11月17日(土)、午後1時より午後5時まで南種子町前之浜海浜公園で、自衛隊装備品一般公開が行われました。

今回、種子島には、全国各地から自衛隊の演習で、東シナ海、太平洋を含む演習が行われてきました。その最終日に一般公開となりました。

前之浜海浜公園では、自衛隊の各車両などが一般公開されました。その中で、94式水際地雷敷設装置いわゆる水陸両用車両は、試乗体験もできました。

96式装輪装甲車の試乗体験

写真1枚目は、広報ビデオ上映です。VR(バーチャルリティ)体験コーナーです。ブルーインパルスの飛行の模様を体験できます。子供たちが楽しんでいました。

写真2枚目は、94式水際地雷敷設装置水陸両用車両の試乗体験の様子です。この車両は、人員定数30名です。ヘルメットを被り、公園内を2周しました。

そのほか、1/2tトラック、31/2tトラック、トラックなどの公開、制服試着体験なども行われました。

平成30年11月17日(土)、南種子町前之浜海浜公園で行われた自衛隊装備品一般公開の模様を写真と動画で掲載しています。この動画の中には、94式水際地雷敷設装置、災害復旧作業の写真、トラック、VR体験、水陸両用車両試乗体験、児童の感想などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島での演習自衛隊装備品一般公開水陸両用車両試乗体験

2018.11.18〜