ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(出来事) > 琉球國祭り太鼓種子島支部結成5周年記念公演

島内にエイサーの魅力を伝えてきた

平成26年6月1日(日)、13時30分より西之表市民会館にて、琉球國祭り太鼓種子島支部結成5周年記念公演が行われました。

平成20年11月に支部会長である江口紀美子さんが中心になり、種子島支部を結成し、各種イベント、夏祭り、願成就、敬老会などに積極的に参加し、島内にエイサーの魅力を伝えてきています。

ロビー受付

ロビー受付でのプログラム配布です。楽しみにしているのでしょうか。皆さんの笑顔のあいさつが印象的でした。

江口紀美子さんあいさつ

種子島支部会長江口紀美子さんのあいさつです。5周年を迎えるに当たりご声援をいただいた方々への感謝と感謝をこめての演奏をご覧いただきたいことなど話していました。

ロビーに飾られた沖縄の首里城をイメージした展示物です。もちろん、沖縄といえば、シーサーもあります。

オープニング演奏

オープニング演奏です。「かぎやで風」という沖縄の曲で、祝儀舞いのことだそうです。

島唄演奏

島唄です。エイサーの曲調にあっているんですね。最初は、太鼓を担いでの演奏ですが、次第に盛り上がっていき、魅力あふれる演奏です。THE BOOMは2002年1月22日発売のアルバム「思春期」で三線や琉球音階など沖縄 音楽の要素を取り入れた「島唄」を発表。これが全国的に広まっています。

SAYAKAバンド演奏

第二ステージでのSAYAKAバンドの演奏です。SAYAKAさんは、種子島でのバンド活動10年を迎えています。オリジナルの曲でCDも2枚出しています。最近は、ホームページでも活動を公開しています。

首里城イメージした展示物
獅子踊り

獅子踊りです。会場をユーモアたっぷりに観客に近づき愛嬌を振り回していました。
動画はこちら⇒【沖縄獅子踊り 琉球國祭り太鼓種子島支部5周年記念公演

ミルクムナリ演奏

ステージ最後の曲となったエイサーの定番の曲「ミルクムナリ」です。ステージでの幻想的な演出が印象に残りました。ミルクムナリとは、五穀豊穣を祈る曲です。最初の部分で祈る仕草が出てきます。エイサーを知っている人ならこれが極めつけの演奏となるものです。
動画はこちら⇒【エイサー ミルクムナリ 琉球國祭り太鼓種子島支部5周年記念公演

※ 2014年6月1日、西之表市民会館で行われた琉球國祭り太鼓種子島支部結成5周年記念公演を撮影しダイジェストとして収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

琉球國祭り太鼓種子島支部5周年記念公演ドキュメント

※ 2014年6月1日、西之表市民会館で行われた琉球國祭り太鼓種子島支部結成5周年記念公演でのエイサー「ミルクムナリ」を紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

エイサー ミルクムナリ 琉球國祭り太鼓種子島支部5周年記念公演

 
【撮影場所】
鹿児島県西之表市民会館
【撮影日時】
2014年6月1日(日)/13時35分〜15時45分
2014.6.1〜