ふるさと種子島 > 中種子町の旅行・観光情報 > 熊野の定置網漁

たつくり、メコン、サバなどがたくさん獲れたよ!!

魚を大きいタモですくう〜熊野の定置網漁

魚を大きいタモですくう

種子島の各地で、定置網漁は行われています。定置網漁とは、網を一定の場所に固定し、魚群を漁具内部に滞留させる仕掛を持つ施設のことで、毎日その魚を「網起こし」により取上げ漁を行うものです。

平成24年4月14日(土)、中種子町熊野漁港沖合いにある定置網漁に同行させていただきました。その漁の模様を掲載しています。

写真一枚目は、網起こしにより滞留した魚を取り上げているものです。作業は七名で行っていました。

今回、同行した熊野の定置網は、熊野の権現山の沖合い約500メートルの位置にあります。この付近の水深は、25メートルです。これより少し北側では、23.5メートルです。漁は、毎日行っており、午前5時30分ごろ出漁しています。

定置網漁の取材は、今回初めてです。初めてというより、生まれて初めて漁の模様を目のあたりにしました。

補助作業船を曳航する

補助作業船を曳航する

網を引き上げる

網を引き上げる

熊野の定置網漁は、作業船として、クレーンと油圧巻き上げ機を搭載した専用船と補助作業船の二隻で行っています。

写真二枚目は、専用船に曳航されながら魚場へ向かう補助作業船です。この作業船には二名乗っています。

写真三枚目は、魚が滞留している網を引き上げているところです。滞留した魚を逃がさないように網の引き上げには、慎重を期して行います。

網を油圧スピンドルで巻き上げる

網を油圧スピンドルで巻き上げる

沖合いの補助作業船

沖合いの補助作業船

昔は、全てが手作業で、エンヤコラショと声を掛け合いながら、網起こしを行っていましたと話されていました。昔の網は軽かったそうです。今は、網が重いために手作業では不可能で、油圧のスピンドルで巻き上げています。それが、写真四枚目です。

沖の補助作業船には、二人乗船していまして、船を横向きにしながら、網を引き上げていきます。作業船との連係プレーが必要な定置網漁です。それが、写真五枚目です。

漁ができる状態になった

漁ができる状態になった

しぶきを上げて激しく逃げ回る魚

しぶきを上げて激しく逃げ回る魚

漁場へ着いて網起こしを始めてから、約34分で漁ができる状態になってきました。それが、写真六枚目です。たくさんの魚が激しく動き回っているのです。

次第に網が起こされるようになると、網の中の魚がしぶきを上げて激しく逃げ回ります。写真七枚目です。 

大小のコンテナに入れて仕分けする

大小のコンテナに入れて仕分けする

魚をすくう大きいタモは、クレーンで巻き上げながら水揚げします。大小のコンテナに入れて、ある程度仕分けを行います。それが、写真八枚目です。

魚を大きいポリ容器に移す

魚を大きいポリ容器に移す

網を元通りの位置に返す

網を元通りの位置に返す

この時期は、たつくり(サバの子)、メコン、カマス、飛び魚、そして、サバなどが水揚げされています。写真九枚目は、コンテナに入ったたつくりをポリ容器に移す準備をしているところです。

無事、網起こしが終わると、引き上げた網を元通りの位置に返しておきます。それが、写真十枚目です。

ほっとした表情

ほっとした表情

漁場へ着いて約1時間の漁が無事終わり、ほっとした表情で、港へ戻っていきます。天気も回復し、お日様も照りつけてきました。

港へ戻る作業船

港へ戻る作業船

写真十二枚目は、熊野漁港へ向かっている作業船です。出港時は、少し薄暗かったのですが、東の海側は、だいぶ明るくなっていました。

獲れた魚の陸揚げ

獲れた魚の陸揚げ

魚の仕分け作業

魚の仕分け作業

港へ戻ると、陸には漁を待っていました。獲れた魚のコンテナを陸揚げします。それが、写真十三枚目です。

陸には、仕分け用の作業台があります。それに獲れた魚をのせて、魚の種類ごとに仕分け作業を行います。それが、写真十四枚目です。

魚を計量する

魚の計量

仕分けされた魚は、発泡スチロールのとろ箱に入れて計量します。計量が終わると、浜山水産のネームが入ったラップを掛けて、トラックに積み込み、西之表市の種子島漁協の九時の入札に間に合うように運搬されていきます。

夏になると、種子島は台風シーズンになります。定置網漁は、六月下旬ごろまで行い、漁具を撤去します。そして、秋に漁具を設置し、再び漁が始まるのです。

熊野の定置網漁についての詳しいことは、種子島漁業協同組合中種子支所(0997-27-9215)までお問い合わせてください。


【動画コーナー】

※ 2012年5月12日(土)午前5時30分より、中種子町熊野の沖合いにある定置網漁に同行し、そこで働く人々の様子を撮影したものです。動画の中には、出漁、網起こし、漁の仕分けなどの模様を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の話題:熊野の定置網漁

【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町坂井熊野漁港、及び熊野漁港海域
【撮影日時】
2012年4月14日(土)/5時15分〜6時53分/(写真情報 17.9〜26.5KB/Nikon D300)