ふるさと種子島 > 中種子町の旅行・観光情報(活動・その他) > なかたね子こども体験活動ぐりっと なかたね!親子ふれあいウォーク2015

歩いて種子島縦断!

平成27年5月30〜31日(土・日)、平成27年度なかたねこども体験活動促進事業「ぐりっと なかたね!親子ふれあいウォーク2015」が行われました。今年で6回目を迎えた「親子ふれあいウォーク」です。

今回の親子ふれあいウォークは、種子島縦断ということで、西之表港を出発し、種子島中央体育館を経由して、種子島宇宙センターを目指すウォーキングになっています。第一日目が28.4キロ、二日目が23.4キロ、二日間で全長51.8キロのコースとなっています。

ふるさとの自然の豊かさなどを体感しながら、長い距離を歩ききることにより、目的の達成感や集団活動を通じて、行動の大切さも学び、青少年の健全育成を図る目的で行われています。

大会は、午前7時20分に集合し、バスで8時に西之表港に移動し、午前8時30分に西之表港を出発しゴール地点の種子島中央体育館を目指します。

今回、牧川ラリーポイントを過ぎた地点で悪天候により第一日目は中止となりました。今回、都合により、第一日目だけの取材となっています。ご了承ください。

なお、「親子ふれあいウォーク2015」については、中種子町役場教育委員会(0997-27-1111)へお問い合わせてください。

種子島中央体育館での受付

集合場所は、種子島中央体育館です。館内で受付や荷物などを預けたりします。

出発式

7時30分から行われた出発式です。中種子町教育長により、参加者への励ましのあいさつがありました。このあと、連絡事項や各サポーターなどの紹介がありました。

西之表港を出発して間もない状況です。ちょうど、共同フェリー事務所前通りです。午前中は天気も良かったのです。

バスに乗り込む

出発式が終わると、バスで西之表港に移動します。各班ごとバスに分乗し、7時50分ごろ出発しました。

西之表港での出発準備

西之表港には、早めに到着しました。出発準備です。この後、水分補給などを行い、30分早めに西之表港を出発しました。

赤尾木橋を通過

写真は、赤尾木橋を通過しているところです。赤尾木橋は、昭和63年8月に完成しています。

塰泊の国道58号線を通過

ここは、西之表市塰泊の国道58号線を通過中の子どもたちです。ここは、やや急な上り坂になっているのです。

からいも神社前国道58号線を通過

ここは、下西下石寺からいも神社前国道58号線を通過中です。日本で最初に甘藷栽培が行われた地域です。神社境内にその記念碑もあります。

西之表港を出発
西之表市住吉の国道58号線を通過している子どもたち

写真は、西之表市住吉の国道58号線を通過している子どもたちです。これより少し後方にラリーポイントがあります。そして、住吉小学校で、昼食となりました。

住吉公民館前でのラリーポイント

住吉公民館前でのラリーポイントです。スタンプをシートに張り付けます。

住吉小学校体育館での昼食

住吉小学校体育館です。ここで昼食です。昼前から雨が降り始め、一時やや強く降ることもありました。その後、出発時間前から雨は止みウォークは続行となりました。

西之表市と中種子町との境界にある下二つ川橋を通過する子どもたち

ここは、西之表市と中種子町との境界にある下二つ川橋を通過する子どもたちです。一番最後のグループです。笑顔でカメラに応えてくれました。

※ 2015年5月30日、平成27年度ふれあいウォーク2015第一日目の模様をダイジェストで紹介しています。なお、途中、悪天候で中止となっていますので、サンセットライン牧川付近までです。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の体験活動:ぐりっと なかたね!親子ふれあいウォーク2015ダイジェスト

 
2015.5.31〜