ナガラメ漁解禁

ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(特産品) > ナガラメ漁解禁

種子島近海で、ナガラメ漁が解禁

海のもので、初夏の味覚といえばナガラメです。種子島ではトコブシのことをナガラメと呼んでいます。平成21年5月1日種子島近海での、ナガラメ漁が解禁になりました。これから8月13日まで漁が続きます。ナガラメは、種子島の各近海でたくさん水揚げされていますが、年追うごとに減少傾向が続いています。トコブシは、北海道南部から台湾にいたるまで広範囲に分布するアワビの仲間です。

各小浦組合で、ナガラメの稚貝放流を2万匹行っています。稚貝から親になるまで約30パーセントの歩留まりで、実際にはこれ以下ではないかといわれています。解禁日の様子を掲載しています。なお、ナガラメについては、種子島漁業協同組合(0997-22-0620)にお問い合わせてください。

ナガラメ漁 素潜りでナガラメを獲る 漁協に運ぶ
ナガラメ漁 素潜りでナガラメを獲る 漁協に運ぶ
比較的浅い海底の岩場にくっついているナガラメをクシを使って獲ります。この日の干潮は15時ごろ。カラ潮であまり潮の引かない口開けとなりました。写真の場所は、西之表市美浜海岸です。 ナガラメは、一般的に素潜りで獲っていきます。当然潮が引いたときが一番条件がいいのです。写真では、潜っているところです。その左横にウキがありますが、それには許可番号をつけているのです。 入札が午後3時からあるので、その前に水揚げされたナガラメを持ってくるのです。西之表市伊関で水揚げされたと話してくれました。
獲れたナガラメ ナガラメを計量する サイズなどをチェックする
獲れたナガラメ ナガラメを計量する サイズなどをチェックする
今日の西之表市伊関で水揚げされたナガラメです。全般的に不漁とのこと。 漁協に運ばれてきたナガラメは、漁協職員により計量されます。この方も伊関から運んできたと話してくれました。 写真は、水揚げされたナガラメのサイズをチェックしているところです。一番美味しいサイズは、8センチくらいだと話してくれました。
買人による下見 入札開始のベルを鳴らす 入札
買人による下見 入札開始のベルを鳴らす 入札
入札前になると、買人も集まってきます。大きさなどよく確認しています。また、情報交換なども行っています。 入札は午後3時から行われます。写真は、入札開始のブザーのボタンを押しているところです。そして、一人ひとり入札札を配ります。 入札は、札に金額を記入して行われます。当然、入札金額の高値が落札者となるのです。この日は、キロ4500円前後でした。
【撮影場所】
鹿児島県西之表市洲之崎、美浜海岸、種子島漁協
【撮影日】
2009年5月1日/11時44分〜15時09分/(写真情報 14.2〜17.5KB/E-510)