1. ふるさと種子島>
  2. 南種子町の旅行・観光情報>
  3. 種子島宇宙芸術祭港千尋「洞窟へ」

心とイメージのアルケオロジー

広田遺跡ミュージアム

広田遺跡ミュージアム

平成29年8月30日(水)、南種子町平山広田遺跡ミュージアムで、種子島宇宙芸術祭関連展示の模様を取材したものです。

広田遺跡ミュージアムでは、芸西29年8月5日〜11月12日まで、古代文化と宇宙芸術展港千尋「洞窟へ」心とイメージのアルケオロジーと題して洞窟の写真、壁画などを展示しています。

写真一枚目は、広田遺跡ミュージアムです。ミュージアムは、国史跡広田遺跡のガイダンス施設となっており、館内には、出土品、集団墓地や埋葬の様子、遺跡の特徴などを実物、模型、映像などによって展示しています。

港千尋さんは、1960年神奈川県生まれ。写真家、映像人類学者。1995年から多摩美術大学美術学部で教鞭をとり、現在は、同大学情報デザイン学科教授です。

古代文化と宇宙芸術展

古代文化と宇宙芸術展

手形及び動物を連想させる壁画

手形及び動物を連想させる壁画

写真三枚目は、手形及び動物を連想させる壁画です。芸術は、眺めのよい場所で誕生するという。手形は、古代人が手を壁に当てて顔料を吹き付けたものだという。

写真四枚目は、インドネシア スラウェシ島のレアンレアン洞窟の写真です。1990年に撮影されたものです。

レアンレアン洞窟

レアンレアン洞窟

レアンレアン洞窟で発見された壁画

レアンレアン洞窟で発見された壁画

写真五枚目は、レアンレアン洞窟で発見された壁画や手形は4万年まで遡るという。また、フランスの巨大洞窟アヴェン・アルマンの写真なども展示されています。

展示品の詳しいことは、広田遺跡ミュージアム(0997-24-4811)にお問い合わせてください。

※ 平成29年8月30(水)、南種子町広田遺跡ミュージアムで行われた種子島宇宙芸術祭港千尋「洞窟へ」古代文化と宇宙芸術展展示の模様を紹介しています。インドネシア スラウェン島のレアンレアン洞窟の手形などの壁画、語り部による説明などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島宇宙芸術祭港千尋「洞窟へ」広田遺跡ミュージアム展示

【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町広田遺跡ミュージアム
【撮影日時】
2017年8月30日(水)/14時05分〜14時30分
2017.8.31〜