ふるさと種子島 > 特設ギャラリー > 種子島・鹿児島航路 変わりゆく風景

船旅で大自然をのんびり楽しむ...

平成21年10月1日(木)、種子島西之表港午後2時発の定期フェリープリンセスわかさに乗船しました。種子島〜鹿児島航路は、およそ120キロです。フェリーなら片道3時間30分の船旅。種子島西之表港を出ると、種子島や馬毛島の風景を望めます。

そして、西之表港を出港して約1時間が経過すると、日本本土最南端の地佐多岬を右に展望できます。周辺の景色は、素晴らしい変わりゆく風景を楽しめます。左には、薩摩富士と呼ばれる開聞岳の美しい姿を見ることが出来ます。

種子屋久航路の変わりゆく風景を撮影し、139枚の写真でフォトムービーとして作成したものです。素晴らしい風景写真をお楽しみください。

14時出港のフェリープリンセスわかさ

写真は、14時出港のフェリープリンセスわかさです。

離島戦隊タネガシマンも見送り

離島戦隊タネガシマンも見送りです。直ちゃん、頑張ってね。

定刻の14時出港

定刻の14時出港しました。大きな汽笛を発しながら岸壁を離れていきます。

高速船の浮き桟橋

船は、次第に速度を上げていきます。高速船の浮き桟橋です。

西之表港沖防波堤の赤灯台

写真は、西之表港沖防波堤の赤灯台です。ロケットの形が特徴です。

美浜町、古園の市営・県営住宅

美浜町、古園の市営・県営住宅です。

約1時間後、大隅半島の佐多岬及び展望台が見えてきました。

遠くに西之表港

次第に、西之表港が遠くに見えるようになってきました。この日、海上は穏やかでした。

貨物船が行き来

大隅海峡は、国際航路になっているので、多くの貨物船が行き来しています。

展望台と佐多岬灯台

わかさは、佐多岬沖を航行中です。左は展望台、右は佐多岬灯台です。

浸食された洞穴

浸食された洞穴がきれいです。漁船が横切っていきました。

佐多岬の展望台

佐多岬の展望台です。人影が見えていますよ。

高速船ロケットやフェリー屋久島2とすれ違う

高速船ロケットやフェリー屋久島2とすれ違うこともあります。

薩摩富士(開聞岳)

遠くに薩摩富士(開聞岳)が見えています。景色も素晴らしいですね。

大隅半島の佐多岬及び展望台
立目崎海岸付近

立目崎海岸付近です。景色も素晴らしいですね。

立目崎灯台

立目崎灯台です。付近の景色が素晴らしいですよ。

山川と俣川洲背景に開聞岳

山川と俣川洲、そして、背景に開聞岳です。切り立った岩屋が素晴らしいです。

指宿沖の知林ヶ島

指宿沖の知林ヶ島です。干潮になれば、渡ことができます。

知林ヶ島北側沖にある小島

知林ヶ島北側沖にある小島です。松林が美しいですね。

桜島

桜島も見えてきました。この日、噴煙をあげていました。右方向には、フェリー屋久島2が航行中です。

※ 平成21年10月1日(木)、種子島西之表港午後2時発の定期フェリープリンセスわかさに乗船し、種子屋久航路の変わりゆく風景を撮影し、139枚の写真でフォトムービーとして作成したものです。素晴らしい風景写真をお楽しみください。

YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島・鹿児島航路変わりゆく風景(フォトムービー)

2016.3.14〜