歌会始御製碑

歌会始御製碑に関する碑

大空に打上げせまる
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町宇宙が丘公園
【撮影日時】
2015年10月3日/13時00分

南種子町上中大曲宇宙が丘公園に歌会始御製碑の記念碑です。天皇皇后両陛下が昭和57年8月2日種子島へお出ましの折、種子島宇宙センターをご覧になり、翌昭和58年の歌会始(御題「島」)でお読みになったものです。現在の記念碑は、平成24年11月17日に除幕されたものです。記念碑には、次のような碑文が刻まれています。

大空に打上げせまるロケットに
      島の南の果てに立たり

この御製は、天皇皇后両陛下(当時皇太子同妃両殿下)が秋篠宮殿下(当時礼宮殿下)とご一緒に昭和五十七年八月二日種子島へお出ましの折、種子島宇宙センターをご覧になり、翌昭和五十八年の歌会始(御題「島」)でお読みになったものです。平成二十三年十二月十二日に種子島宇宙センターからHU−A20号機が打上げられ、この成功により世界標準とされる通算打上げ成功率95%に達成しました。この機会に、天皇陛下が種子島をロケットの島としてお心にお留になったことから心から感謝申し上げ、後世に伝える為に建立するものです。なお、御製につきましては、平成二十三年十二月当時の中川正春元文部科学大臣にご揮毫いただいたものです。
       平成二十四年十一月十七日
                     南種子町

碑文は以上です。

宇宙が丘公園

写真は、宇宙が丘公園です。ここから打ち上げを見る人は多いです。眼下に宇宙センターが見えています。

歌会始御製碑での除幕式

写真は、平成24年11月17日に行なわれた歌会始御製碑での除幕式です。

説明文

御製碑の左に説明文を設置しています。

2016.12.28〜