鐵砲傳来紀功碑

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 南種子町の記念碑 > 鐵砲傳来紀功碑

鐵砲傳来に関する碑

鐵砲傳来紀功碑
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町門倉岬
【撮影日時】
2006年10月20日/10時27分

 この記念碑は、南種子町門倉岬に建てられています。海岸に近いので風化も激しいのか、裏の碑文の読めない文字がたくさんあります。記念碑には次のように碑文が刻まれています。

 碑文
    鐵砲傳来紀功碑
          従四位男爵種子島守時謹書
火?古稱????所?小銃也其傳来我国?三百八十?→?馬頭?行??臣??信基公鎌倉?封南海十二島?→?島?以島氏十四世孫曰日勝????任?正忠叙?→?八月二十五日丁西有一大船漂到西村小浦西村???南端??祖織部君?????貫有文字??客明人??者?語?→?日勝公令??曳船?赤尾木赤尾木公?所也船中有???人手携火器公観???以?値購?其二織部君?購之?就?其??令家臣笹川秀重?制火?八板清定傳鋳??法自北鐡砲始傳播海内事詳干僧文之所作鐡砲記公之子曰恕公諱久時文??便?也?村田銃之??亦募二人於種子島其制?佼法?西然??自造新式?駕而上焉以数器精兵?国?益震?非以鐡砲之傳火習?耶亦?以如種子島氏?→?此種子島氏??一節候?後臣??島津氏?領種子島?同公室?????信基公之孫信真公有六子??信時君賜西村以為?邑因氏子孫臣事宗?因?→?君?→?利??作者是也時彦?帰郷至西村別??御崎而?雲?無?其?則小浦松青沙白因想蕃船到此織部君以秋盡沙而?遂?→?以胎後世而深自???不足発揚先徳顧望??久之頃者郷人胥??碑御崎用紀?功諸守時君????書浪華?→?人報本之誠而又?託不朽也故不敢?謹叙始末繁以詞曰
海上?→?榕宏遠控琉引??撫島?永保?邑王室組輸西人始至小浦之?????希世之?公曰勿?命工???被??廣?→?前得之?国安?全戡乱於禁?於外?古?今斬?是頼皇?丕?国運恢張推本論功潜徳有光?澤?斬本支縄?→?茂績百世之下視???           文学博士 西村時彦?
       大正十年一月
            西之青年会建之
                   錦戸惣太郎彫刻

 碑文は以上です。文章の中で、?→?、?は読めない字、或いは変換不能の文字です。また、刻まれている文字を誤って読み違えていることもあると思います。