ふるさと種子島 > 種子島の海岸 > 大久保海岸

石や岩が多数存在する海岸

ここは、国上中目にある大久保海岸です。大久保海岸に砂浜はありません。写真の如く、石や岩が多数存在する海岸です。

東シナ海に面した大久保海岸の西側には、大隅半島が見えています。冬場になると、季節風が吹き、海が荒れる海岸でもあります。

磯遊びでは「あなご」取りが楽しめる海岸です。そのほか、瀬もあるので、磯釣りもできますが、もっぱら、漁港付近の瀬に限られます。

 

この位置から大久保漁港方向を撮影したものです。沖に大きな瀬が点在しています。沖の瀬に渡ると釣りもできそうです。

大久保海岸

大久保漁港の南側の波消しブロックの前付近から南側を撮影したものです。ちょうど干潮時期で潮が引いた状態です。

大久保海岸

この付近は、平らな瀬があります。周囲には、高い瀬がないので、釣りは不向きです。前方は、西浦海岸です。

大久保海岸
大久保海岸

上の写真の反対側を撮影したものです。この前方は、大原崎です。ちょうど展望台の真下に位置します。この付近には、釣りができそうな背がありません。

大久保漁港付近の海岸

大久保漁港付近の瀬です。真正面上にあるのが釣りに最適な瀬です。クロやモハミ釣りができます。

※ 2015年10月29日、大久保海岸を撮影したものです。なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の海岸:西之表市国上大久保海岸

2015.10.30〜