アナゴ

種子島の島民から親しまれているアナゴ

海のもので、種子島の島民から最も親しまれているのが、この一枚貝のアナゴです。本土でいう穴子とは違います。

これから潮時のたびに磯遊びで、アナゴ取りが盛んになってきます。最近は、数が取れなくなってきたということをよく耳にします。

アナゴの撮影もままなりません。奥の穴に入り込んでいるので、まともに撮影することができません。一枚見つかればいいのですが、なかなかいなくて苦労します。

写真のアナゴは、岩の穴の中にくっついています。潮が引くと海面すれすれの位置の穴を探すと案外見つかるものです。穴の中を写していますので、少々見づらいかもしれません。

しかし、アナゴは吸着力が強くて簡単には取れないので、専用のクシを使って剥ぎ取っていきます。簡単なようでなかなか難しいものです。下手な人が取ると、身をぐちゃぐちゃにしてしまい、アナゴの形が崩れて無残な格好になってしまいます。

専用のクシは、釣具屋さんに行けば、700円くらいで売っています。アナゴ取りが上手か、下手かは取ったアナゴの形を見ればすぐ分かります。アナゴに似ているのが、ナガラメ(トコブシ)ですが、身の色がアナゴの方こそ白っぽいです。また、アナゴこそ身が固いのも特徴です。

取ったアナゴは、塩で湯がいて食べます。また、腸は塩辛にするのもいいですね。種子島のアナゴは大変美味しいです。

《注意》各漁港付近に「遊魚者の皆様へ」という注意看板が立ててあります。この注意案内パネル全文を紹介します。

遊魚者の皆様へ

西之表市(馬毛島を含む)沿岸においては漁業者(共同漁業権を有する者)以外は トコブシ・イセエビ類・たこ類・うに類・あなご・天草等を採捕することはできません 但し あなごは4月1日から8月31日の期間に限り採捕できます。

共同漁業権を有しない者がこのこれらの漁業権対象物を採捕するなどにより漁業権及び行使権を侵害した場合20万円以下の罰金に処せられます。

又鹿児島県漁業調整規則等では採捕期間や隊長等の制限を設けており違反すると懲役6ケ月以下若しくは罰金10万円以下の処罰が適用されます。

種子島漁業協同組合

アナゴは吸着力が強い!

アナゴ
【撮影場所】
鹿児島県西之表市大崎海岸
【撮影日時】
2006年3月3日/14時51分

身は全体的に白っぽい

くしで獲ったアナゴ
【撮影場所】
鹿児島県西之表市大崎海岸
【撮影日時】
2006年3月3日/14時52分

※ 平成29年4月13日(木)、春の大潮時、西之表市伊関の海岸で、ミナ、もっこ、あなご取りなど磯遊びの模様を紹介しています。この動画の中には、海岸の模様、海の模様、にしもっこー、もっこ、あなご獲りの模様を収録しています。

種子島の潮時:春の大潮磯遊び最高!あなご・もっこ獲り

※ 平成28年4月9日、春の大潮時、西之表市伊関の海岸で、ミナ、もっこ、あなご取りなど磯遊びの模様を紹介しています。この動画の中には、海岸の模様、海の模様、セイ、ミナ、ほっしー、あなご取りの模様を収録しています。

種子島の潮時:春の大潮磯遊び最高!あなご・もっこなどの収穫

 

2016.4.9〜