ふるさと種子島 > 種子島の海岸 > 崎原海岸

種子島の最南端の海岸

南種子町西之の崎原海岸です。種子島の最南端の地、門倉岬の海岸です。付近の瀬から前之浜海岸、種子島宇宙センター方向を写しています。

海岸をこのまま行くと、「異国人上陸の碑」の記念碑もあります。この場所から約200メートルで、歩いて10分くらいです。

写真でも分かるとおり、海岸に砂浜は全くありません。大小の石や瀬がたくさんある海岸です。したがって、磯遊びでは、「あなご」取りなどができます。泳いで沖の瀬に渡ると、あなごもたくさん見つかるでしょう。

海もたいへんきれいな海岸で、この場所から少し後方に出て、東シナ海側を向くと、屋久島を展望でき素敵な景色を楽しめます。

門倉岬真下にある海岸です。付近一帯、こう釣り場があり、太公望が多くやってくる場所です。しかし、太平洋に面しているので、うねりのある高波が押し寄せてくるので、要注意です。

崎原海岸

写真は、門倉岬の真下から展望所を写したものです。断崖絶壁になっているのです。

崎原海岸

この海岸に南蛮船が座礁し、近代武器の鐵砲が伝来した海岸です。

崎原海岸
崎原海岸

門倉岬の真下の海岸は、崩落を繰り返しています。崩落による事故が無いよう十分注意が必要です。

2013.12.4〜