虚無僧踊り(こむそうおどり)

ふるさと種子島 > 種子島の郷土芸能 > 虚無僧踊り

虚無僧スタイルはここだけ

虚無僧踊り〜本踊り
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和風本神社
【撮影日時】
2015年10月24日(土)/14時08分〜15分
【奉納場所】
西之表市現和風本(かざもと)神社
【奉納時期】
毎年十月下旬の土曜日
【アクセス方法】
西之表市街地から県道75号線を通り、JA西之表農協澱粉工場前の三叉路を現和田之脇に向かって進むと、田之脇漁港に突き当たるので、T字路を右に行くと、風本橋が架かっています。橋の手前右手に風本神社があります。約20分でこの地に着きます。

【踊りの説明】

虚無僧踊りは、現和上之町部落に伝承されている郷土芸能です。明治二十三年、鹿児島市中山町に伝承されていたものを種子田氏から教わったと言われています。虚無僧踊りは、入場、棒突き、本踊り、退場の四つの部分から構成されています。六人一組の三組十八人での踊りです。

虚無僧は、白地に腰に黒い帯をして、日の丸のセンスと六十センチくらいの小棒を持っています。一方、棒の踊り子は、黒地に頭にハチマキをして色鮮やかなたすきがけ、腰に黄色い帯をしています。入場は右から三列でハナ引きの歌にあわせて、棒の踊り子は棒を担ぎ、虚無僧は右手でセンスを仰ぎ、左手で小棒を持ち縦笛を吹いているかのようにゆっくり入場してきます。

踊りも巧みに棒と虚無僧との駆け引きが大変見る人を楽しませてくれます。普通の棒踊りと似てはいますが、独特の雰囲気があり、虚無僧スタイルはここでしか見ることができません。味わい深く哀愁に満ち溢れています。踊りは二回繰り返され退場します。勇ましく、時には優雅な踊りに感動します。

写真一枚目は、虚無僧踊りの本踊りです。左右の棒を虚無僧の踊り子の頭上で払っているところです。

虚無僧踊り〜入場 虚無僧踊りの入場です。虚無僧は、右手で扇子を持ち、左手には縦笛を持ち、そして、左腰に小棒を差し、センスを仰ぎ、縦笛を吹いているかのような仕草で入場します。
一方、左右の棒は、右肩に六尺の棒を担ぎ、勇ましく前後に体を振りながら堂々と入場します。
虚無僧踊り〜棒突き 虚無僧踊りの棒突きです。左右に体を振りながら、定位置での踊りです。左右に体を振ったときに、棒の先端部を見るかのように踊るのです。棒突きは、短い踊りです。
虚無僧踊り〜本踊り 虚無僧踊りの本踊りです。一回目の本踊りが始まった直後のものです。真ん中の虚無僧は、右手にセンスを持っていますが、このあとセンスを投げ捨て、腰に差していた小棒に持ち替えて踊ります。
虚無僧踊り〜棒突き 虚無僧踊りの後部の踊り子です。虚無僧が小棒と笛で両方の棒を払っているところです。
虚無僧踊り〜退場 虚無僧踊りの退場です。本踊りを二回繰り返すと、虚無僧踊りも終了します。
虚無僧踊り〜歌 虚無僧踊りの唄い手です。入場、本踊り、退場まで唄を唄います。
虚無僧踊り〜歌 平成24年度風本神社の秋季大祭で、神社社殿内で奉納された虚無僧踊りです。本踊りの奉納がこの後行われました。ここでの踊りは、動画に収録しています。【平成24年10月27日撮影】

虚無僧踊り

一 今こそ参る 神にものめい
二 焼野のキジは 岡の瀬に沿う
三 山太郎ガニは 河の瀬に沿う
四 おしろが山で 前は大河

※ 2015年10月24日、西之表市現和風本神社の秋季大祭で奉納された虚無僧踊りを撮影したものです。この動画に中には、神社社殿内での虚無僧踊りの本踊り、棒踊りの入場、棒突き、本踊り、退場を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の郷土芸能:現和上之町の虚無僧踊り風本神社での奉納踊り

 

※ 2012年10月27日、西之表市現和風本神社の秋季大祭で奉納された虚無僧踊りを撮影したものです。この動画に中には、神社社殿内での虚無僧踊りの本踊り、棒踊りの入場、棒突き、本踊り、退場を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の郷土芸能:虚無僧踊り(西之表市現和上之町)

 
 

【過去の画像】

虚無僧踊り〜本踊り 2011.10.22
虚無僧踊り〜本踊り 2011.10.22(風本神社にて)
虚無僧踊り〜本踊り 2008.11.23
虚無僧踊り〜本踊り 2008.11.23(かんしゃ祭にて)
虚無僧踊り〜本踊り 2008.11.23
虚無僧踊り〜本踊り 2007.10.27(風本神社境内にて)
2015.10.27〜