びっちょ

川にいるモエビの「びっちょ」...

種子島で川にいるモエビのことを、地元では「びっちょ」と親しく呼んでいます。その「びっちょ」を見つけるために、現和武部にある西之川を久しぶりに訪れてみました。上流に向って川の中を見ながら行くのですが、川ニナ以外に何も居そうにありません。

前回の「びっちょ」を見つけた場所に行ってみると、川も変化しており見つかりません。更に上流へ進むと、川の中に間伐した杉の枝がある場所を見ていましたら、十匹前後見つかり、どうにかひと安心。

しかし、深い場所にいるので、撮影は困難です。その中でやや浅いところにいたものが写真の二匹の「びっちょ」です。体長は3センチ前後でちいさな「びっちょ」です。小さい頃、「びっちょ」を取ってきて、それをてんぷらにして食べていました。いわゆる「びっちょのてんぷら」です。味は最高だったことを今でも覚えています。

川の水面付近の草むらの根付近を、ソウケなどを使い振るいながらすくうとよく取れていました。「びっちょ」は種子島の川で人気者です。

川の中を写していますので、撮影も大変です。中央付近のびっちょは少しピントがずれています。どうぞ、ご勘弁を。

二匹のちいさな「びっちょ」

びっちょ
【撮影場所】
西之表市現和武部西之川上流付近
【撮影日時】
2008年3月10日/11時40分

※ 平成27年8月1日、西之表市現和西之川で、びっちょをGoProのカメラで撮影したものです。ちゅくらんぴーも友情出演していますよ。

種子島の川のモエビ「びっちょ」ちゅくらんぴーも友情出演

 
2017.2.12〜