ニガダケ(苦竹)

梅雨時期になると、ニガダケが最も成長する

種子島の山菜で、名物といったら、もちろん「ニガダケ」です。5月に入れば、ニガダケもそろそろ芽が出てくるのです。そして、梅雨時期になると、ニガダケが最も成長する時期になってきます。

種子島のあちこちの竹林を、そ〜っと耳を澄ますと、竹林がごそごそ人影のある音を聞くことがあります。そうです、「タケンコかぎ」をやっているのです。ニガダケの竹の子を採りに行くことを、地元では単に「タケンコかぎ」というのです。

ニガダケは、そのまま、味噌汁に入れたり、天ぷらもいいですし、卵とじもいいし、湯がいて酢味噌和えもいいですね。もちろん、煮しめにすると最高の郷土料理です。とてもヘルシーなニガダケです。

ところで、ニガダケの採りかたですが、やや中央付近を握り、左右に揺らしながら折ると簡単にできます。かぐ時は、ゴム長靴、ゴム手袋などをして安全に注意してください。かいだニガダケは、家に持ち帰ると、皮を剥くことになります。包丁で、上部に切込みを入れると、簡単に剥けてきます。

写真は、美座の道路沿いの竹林を写しています。中央付近にニガダケが三本、右のツワの葉付近に一本見えているのが確認できると思います。30〜60センチくらいになると、最も美味しくいただける大きさです。

ところで、ニガダケはとても美味しいのですが、残念なことにほとんど栄養分はないと言われています。しかし、健康にいい植物繊維は豊富に含まれているので、おなかに優しくてヘルシーな食物です。特に精進料理には欠かせない食材で、お葬式や法事には不可欠なニガダケです。

ニガダケは、種子島の島民から最も親しまれているタケノコです。種子島で「タケンコかぎ」は、どうですか?本当に楽しいですよ。

とてもヘルシーなニガダケ

ニガダケ(苦竹)
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町美座
【撮影日時】
2007年6月14日/13時08分
2017.2.13〜