セイ

ふるさと種子島 > 種子島の名物 > セイ

地元では「セイ」と親しく呼んでいる

種子島の海岸でどこでも取れる貝の一種で、地元では「セイ」と親しく呼んでいます。「亀の手」です。

幅は、2〜3センチ、長さは3〜4センチくらいで先端がやや尖っています。

種子島だけではなく、県本土でも取れるようです。地元のスーパーでも店頭でよく見かけます。

「セイ」が付く場所は、岩で海水が来る高さ近くに一番くっついています。「セイ」は、そのまま塩で煮たあと、割って中身を食べるのが一般的です。

また、味噌汁の中に入れて食べると、最高ですね。潮の匂いが食をそそり、言うことないですよ。小さいものを割って食べるのが、少々めんどくさいですが味は満足できます。種子島の磯で取れる「セイ」はとてもおいしいです。

「セイ」の味噌汁は、最高

セイ
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納正助道海岸
【撮影日時】
2007年2月5日/13時00分
2017.2.13〜