ふるさと種子島 > 故郷の山 > 山神

山周辺を花峰ともいう

南種子町中之下山神にある山です。ちょうど花峰小学校が山の麓にあります。この山周辺を花峰とも言います。

それが学校の名前になっています。山神はインギー鶏のふるさとで有名な地域です。写真で中央付近の山です。

山神はほとんど雑木林で、畑や樹木に囲まれた居住地になっています。また、山の反対側は、郡川の支流も流れています。

川沿いの道をそのまま進むと、南種子町のごみ処理場付近に出てきます。花峰小学校の前は町道や県道75号線です。

左は南種子市街地、或いは門倉岬、右は茎永、河内温泉センターへ通じています。山神は、ず〜っと連なっており、自然豊かな山で、山の神様がやどっているということで付けられたのでしょうか。

県道75号線沿いから山神を撮影したものです。この場所は、花峰小のインギー鶏を見るための駐車場です。写真左に花峰小の子供たちが飼育しているインギー鶏の鶏舎があります。

山神を県道75号線沿いから撮影

写真は、県道75号線沿いから撮影したものです。写真右の麓に花峰小学校があります。

山神の麓にある本門法華宗本善寺境内

山神の麓にある本門法華宗本善寺境内です。中央に本善寺、左に山神どんの背負い石があります。花峰小学校は、写真右方向です。

山神
花峰小学校から山神を撮影

写真は、花峰小学校から山神を撮影したものです。山のこの周辺を花峰と呼びそれが学校の名前になっているのです。

2015.3.16〜