ふるさと種子島 > 故郷の山 > 森山

お田植祭りをする田の山

南種子市街地から県道586号線を経由して、河内から門倉岬に向うと、やがて県道75号線との三叉路に出てきます。

そのまま進むと、下中八幡神社が右側にあります。神社前の田んぼの中に写真の森山が左に見えています。

下中地域も稲作が盛んで、森山周辺一帯に水田が広がっています。八幡神社の「お田植祭り」を行っています。

お田植祭りは南種子町の指定文化財になっています。3月上旬頃行われており、夜明け前に社人が海でのシュエイ取りから始まります。

神社での神事、オセマチ(神田)でのお田植、そしてこの森山でのナオライ(直会)といった祭事が行われています。写真でも分かるとおり森山は、円形をしているのでどの方向からも同じように見えます。まるで「古墳かな?」と思ってしまうくらいよく似ています。

この森山については、「ふるさと散策」で、「種子島宇宙センター〜門倉岬まで」でも紹介しています。どうぞ、そちらもご覧ください。

県道75号線沿いから森山を撮影したものです。一瞬古墳に見えるのが特徴です。

県道75号線郡原八幡神社前通り

写真は、県道75号線郡原八幡神社前通りです。この先右が八幡神社。左が森山です。↑門倉岬、島間、↓茎永、上中です。

森山を西側から撮影

写真は、森山を西側から撮影したものです。どの方向からも円形になっているのが分かると思います。森山には、シャリンバイ、イヌマキ、スダジイ、宝来竹、トベラなどが自生しています。

森山
森山を東側から撮影

写真は、森山を東側から撮影したものです。八幡神社のお田植え祭で、氏子、花峰小児童によって、手前のお田で田植えを行っているものです。

2015.3.16〜