ふるさと種子島 > 故郷の山 > 平鍋のガロー山

大変こわい山のことを言う

中種子市街地から国道58号線を上り、平鍋のバス停で、左に向うと、やがて、納官消防分団の詰所が右にあります。

その詰所の裏山をガロー山と呼んでいます。ガロー山は伽藍(がらん)山とも言われ、種子島の各地に点在しています。

ガローとは、水の神、山の神、田の神、池の神などを総称して呼んでいますが、或いは、みだりに入っていけない場所も言うことがあります。

神聖な場所なので、みだりに入って荒すと、「たたる」と言われ、種子島では大変こわい山のことを言います。

写真は、平鍋のガロー山入り口付近です。ガロー山は荒神様が宿っているので、たたらないように注意してください。

野間納官線平鍋のガロー山前付近

写真は野間納官線平鍋のガロー山前付近です。この先右に入口があります。↑野間市街、↓西之表・国道58号線です。

依り木であるアコウの大木

花瓶の奥には、依り木であるアコウの大木があります。山付近には、たくさんのカラスが樹木にとまっており、ねぐらにもなっています。

平鍋のガロー山
平鍋のガロー山の荒神様

中は少々薄暗く、気持ちのいい場所ではありません。入口から約20メートル先に、小さな小石などが置いてあり、花瓶を立てシダなどで祀っています。

2015.2.11〜