ふるさと種子島 > 故郷の山 > 大道山

緑深く自然豊かな山

西之表市街地から県道76号線を下り、十三番で市道との三叉路を右に行くと、写真の場所に出てきます。

西之表市の住吉志和野から深川にかけての山一帯を大道山(だいどうざん或はおおどうざん)と呼んでいます。頂上付近には、NTTの大道無線局があります。

しかし、大道山というのは、どの付近まで言うのか正確には分かっていません。この付近は住吉の共有地でしょう。

「種子島の記念碑」の中で、竹之川の山林払下げの記念碑を紹介していますが、碑文の中に「横大道」の文字が出てくるのです。

脇之川の上流付近を横大道と昔呼んでいたのです。

写真は、鞍勇十三番線です。写真中央にNTTの大道無線中継局があります。周辺の山の高さは210メートル、207.6メートルです。

大道山

大道山は、もちろん雑木林がほとんどですが、杉林もあります。そして、山のふもとには土地改良された畑もあります。

鞍勇十三番線

写真は、鞍勇十三番線です。昔は、周辺に製材するところもありました。↑下西・西之表市街、↓十三番・中種子です。

大道山
下西深川広域農道から大道山周辺を撮影したもの

下西深川広域農道から大道山周辺を撮影したものです。中央の無線塔右にテレビアンテナ塔があるのです。

2015.2.11〜