ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 大川川

全長約4.5キロの小さい川

南種子町大川の河口付近の大川川です。この川は、大川、西之町、焼野、上中付近を流れています。

最上流は上中で、元産婦人科医院付近です。川の全長は、約4.5キロと推定されます。川の両サイドは、ほとんど雑木林です。

写真の場所は、大川川の河口付近です。この後方は海で、上流側を写しています。見えている橋は、大川川橋です。

写真でも分かるとおり、水の流れもたいへん穏やかな場所です。川には、体長は50センチ以上の大きな鯉がたくさん泳いでいます。

大川川の大きな堰

ここは、河口から約1キロちょっと上った地点の大きな堰です。常時、越流しています。

大川川の鴨

堰場には、写真のごとく、鴨が多数浮かんでいます。

大川川の上流付近に架かっている小牧橋

大川川の上流付近に架かっている小牧橋です。右が上流側です。

大川川の水を利用して、昔、農協澱粉工場が稼動していた跡地です。現在は、葬儀場、資材倉庫になっています。最上流は、これより約七百メートル先です。

大川川
大川川

大川川橋の上から上流側を写したものです。大川川の上流付近には水田もあります。焼野の西側付近で、1つ支流があり、そして、焼野の北側でまた支流があります。

2014.12.27〜