ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 沸川

上流には砂防ダムもある川

中種子町増田にある沸川です。河口は太平洋に面しています。中之町付近で、三つの支流に分れています。

特に中央の支流の上流側には、砂防ダムも兼ねた堰があり、水量を調節しています。沸川の全長は、約4キロと推定されます。

沸川沿いは、水田や雑木林、畑などです。かつて増田神社近くには、農協澱粉工場もあり、沸川の水を利用していました。

写真は、海岸付近の河口から撮影したものです。下の丸橋付近は、道路改良工事によって、バイパスができ海側にも旧下の丸橋があります。したがって、橋が平行に並んだ状態になっています。

古房のため池

写真の場所は、沸川の支流にある古房のため池を撮影したものです。右に越流があります。

見るからにため池の水深もかなりあると推定されます。緑に囲まれて長閑な景色が楽しめます。

古房のため池の竣工記念碑

写真は、ため池のそばに設置された竣工記念碑です。昭和55年に着工し、58年に完成しています。参議院議員金丸三郎書の文字が刻まれています。

沸川
沸川の河口付近

写真の場所は、県道75号線に架かっている「下の丸橋」の上から上流側を撮影したものです。この付近は穏やかな水の流れになっています。

2015.1.29〜