ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 西京川

上流には西京ダム

西之表市伊関にある西京川です。河口は太平洋側にあります。河口付近の西京橋から上流側を写しています。

川の全長は約7キロです。河口付近は潮の干満によって、水位が変化するので注意が必要です。

西京川の河口付近を撮影したものです。河口付近は、砂浜になっており、大小の瀬もあります。写真上右に建造物が残っています。

昭和16年に完成した橋

上部中央に見えている橋は、昭和16年に完成した橋で、現在も通行できます。

西京川又延の支流

上流に向かうと西京川は、又延付近で二つに分流しています。左の本流は西京ダムの放流口、右の支流は桜園です。写真は、桜園への支流です。

西京ダムの景色

川の上流には、西京ダムがあります。周辺は、多目的体験施設や、馬毛鹿小屋、水車などがあり、「あっぽ〜らんど」と呼ばれています。西京ダムの水は、上水道、かんがい用水に利用されています。

写真は、市道国上線に架かっている葛松橋からダムを写しています。現在、ダムの水位も高く水不足もありません。橋の上から長閑な景色を楽しめます。

西京川
西京川の砂鉄

河口付近は、多くの砂浜になっており、川の中まで砂鉄でぎっしり染まっているのです。

河口付近に残っている建造物

河口付近に残っている建造物です。どのようなものなのか、分かっていません。かなり風化が進んでいます。

2015.1.21〜