ふるさと種子島 > 南種子町の旅行・観光情報(学校活動) > 長谷小学校不審者対応訓練

下校時の訓練も行った

平成29年5月23日(火)、南種子町立長谷小学校で、不審者対応訓練が、種子島警察署生活安全刑事課立ち合いのもと行なわれました。

現在、種子島の学校に不審者などの侵入事例は報告されていませんが、最近、南種子町で児童にカメラを向けるということが報告されています。

ところで、長谷小学校では、「あいさついっぱい 花いっぱい やる気みなぎる長谷小学校をスローガンに掲げ、「たくましくあしたを拓く長谷の子どもの育成」を教育目標で活動を行っています。

また、宇宙留学制度も行っており、現在、4名の児童が地元の子どもたちと一緒に学んでいます。

その不審者訓練の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、不審者対応訓練及び宇宙留学制度等の詳しいことは、南種子町立長谷小学校(0997-26-0280)へお問い合わせてください。

不審者侵入訓練開始

午前10時50分ごろから行われました。学校の正面玄関付近を横切り、教室へと侵入しました。

校庭に避難する子どもたち

写真は、不審者侵入という声が響く中、子どもたちは、校庭の南側まで避難しました。

写真は、校庭に避難する子どもたちです。先生の指導の下迅速に避難ができました。そして、署員からよく出来たことの講評を受けました。

警察署員による訓練の講評

写真は、侵入訓練が終わり、警察署員による訓練の講評などを話しました。

校庭での訓練

写真は、校庭での訓練です。下校時の訓練で、子ども110番に駆け込むという想定で行われました。3グループに分かれて行い、それぞれの訓練のあと、講評をしていただきました。全般にわたり、子どもたちは敏速な判断でこども110番へ駆け込むことができました。

下校時の声かけられる訓練

こちらは、下校時の声かけられる訓練です。実際、鹿児島県内であった事例をもとに声掛けの訓練を受けました。

駆け込んだこども110番で質問に答える子どもたち

こちらは、駆け込んだこども110番です。どんな言葉で声かけられたのか、男か女か、どんな服装をしていたか、身長はどのくらいあったのか、など事細かく聞かれます。

校庭に避難する子どもたち
防犯標語「いかのおすし」の確認

こちらは、防犯標語「いかのおすし」です。声かけられたら、ついて行かない、乗らない、大声を出す、逃げる、知らせるの5つが大事ということです。そして、低学年に質問し答えを確認しました。

3・4年生社会科の質問タイム

こちらは、3・4年生社会科の質問タイムです。子どもたちからは、交通安全協会のお仕事は?、110番にかけるとどこにつながる?、子ども110番の役割は?、危険個所は?とかいろいろな質問がありました。その質問に、的確に分かりやすく署員が答えていました。

社会科質問タイム ノートにメモする児童

署員から答えていただいたことは、しっかり、ノートにメモしていました。

※ 平成29年5月23日、種子島の南種子町立長谷小学校で行われた不審者対応訓練の模様をダイジェストで紹介しています。この動画の中には、不審者侵入訓練、校庭への避難、校庭での下校時の訓練、児童の感想、いかのおすし、留学生の感想、社会科質問タイムの一部を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:長谷小学校不審者対応訓練ダイジェスト

 
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町立長谷小学校
【撮影日時】
2017年5月23日(火)/10時50分〜12時02分
2017.5.24〜