ふるさと種子島 > 中種子町の旅行・観光情報(学校活動) > 増田小学校南界園とのふれあい交流学習

貴重な交流を行った子どもたち...

平成28年6月7日(火)、中種子町立増田小学校5・6年生20名による特別養護老人ホーム南界園での入居者とのふれあい交流学習を行いました。

増田小学校は、中種子町の北東部にあり、太平洋に面しており、中種子町役場から約6キロメートルのところに位置しています。明治12年、増田簡易小学校として創立しています。

「進んで学ぶ子・やさしい子・たくましい子」を校訓に掲げ、「自ら学び、思いやりの心をもち、心身共にたくましい子どもを育成する」ことを教育目標にしています。

今回、南界園でのふれあい交流の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、訪問交流やラジオ体操については、中種子町立増田小学校(0997-27-0251)へお問い合わせてください。

増田小学校正門での確認チェック

増田小学校正門前です。5年生12名、6年生8名が参加しました。南界園に向かう前に、持ち物など確認しました。

バスへの乗車

バスに乗り込み中種子町田島の特別養護老人ホーム南界園に向かいました。

昨年ラジオ体操で金賞を受賞した増田小ご自慢のラジオ体操を行ってくれました。今回は、座ってのラジオ体操です。先生によると、ラジオ体操への熱心な取り組みがあったと話していました。

南界園での施設概要説明

南界園での施設の概要の説明を受けているところです。

熱心にメモを取る

南界園の概要を聞きながら説明を熱心にメモしていました。

質問する児童

南界園のことについての質問をしました。写真は、遠足のことについてしているのか質問しました。

施設内の見学

写真は、施設内の見学です。デイサービスセンター、厨房、洗濯室、居室などを見学しました。

増田小ご自慢のラジオ体操
増田小学校の紹介

増田小学校の紹介です。写真は、一輪車とラジオ体操の紹介です。町民体育大会では、一輪車で4連覇中と紹介しました。

ふれあい活動での肩たたき

写真は、ふれあい活動での肩もみです。入居者に声掛けながらやさしく肩もみを行いました。そして、痛くはないですかと声掛けも行いました。入居者は、気持ちいいと答えていました。

入居者と折り紙遊び

こちらは、ふれあい活動での入居者と折り紙遊びをしているところです。丁寧に教えながら、そして、折り紙を折るなど交流をしました。

このあと、鹿児島おはら節を唄って、ふれあい交流も終了しました。

※ 平成28年6月7日、種子島の中種子町立増田小学校5・6年生20名による特別養護老人ホーム南界園でのふれあい交流学習の模様を紹介しています。この動画の中には、増田小学校でのバスへの乗車・出発、南界園での施設概要の説明など、施設内見学、学校紹介、ラジオ体操、肩もみや折り紙遊びなどのふれあい活動、鹿児島おはら節、南界園での出発、児童の感想などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:増田小学校南界園とのふれあい交流学習

 
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町立増田小学校、特別養護老人ホーム南界園
【撮影日時】
2016年5月13日(金)/9時18分〜11時37分
2016.6.8〜