ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校活動・その他) > 古田小学校移動宇宙教室水ロケット発射編

水ロケットを遠くまで飛ばす...

平成28年7月19日(火)、西之表市立古田小学校全児童を対象とした出前授業移動宇宙教室水ロケット発射体験が行われました。

古田小学校は、「かしこく なかよく たくましく」を校訓に掲げ、「心身ともに健康で、知・徳・体の調和がとれ、心豊かでたくましく生きる個性豊かな子どもを育てる」という教育目標で地域とともに健全育成に取り組んでいます。

出前授業宇宙教室は、JAXAの協力で行なわれている出前授業です。前回、製作したペットボトルを利用した水ロケットを今回、飛ばす授業です。

1年生〜6年生の子どもたちは、試射した時の水の量や角度を確認しながら、水ロケットを遠くまで飛ばす貴重な体験をしました。

その移動宇宙教室の模様を写真と動画で掲載しています。

なお、移動宇宙教室及び潮騒留学制度等についての詳しいことは、西之表市立古田小学校(0997-23-8910)へお問い合わせてください。

宇宙教室の始まり

宇宙教室の始まりです。種子島宇宙センター宇宙科学技術館講師のJAXA職員今田さんほか補助者3名もいます。ロケットの飛ぶ原理を説明しています。

水ロケットの説明

水ロケットの飛ぶ仕組みを説明しています。ペットボトルの中に押し込められた空気は、元に戻ろうとして、水を押しのけて飛ぶものです。

ロケットの発射です。この日、追い風となって、遠くまで飛ぶ絶好日となりました。写真は、発射直後です。

水ロケットに空気を入れる

写真は、水ロケットの中に水を入れて、発射台に取り付け、空気入れでロケットの中に空気を入れているところです。

発射台に取り付けられた水ロケット

今回、試射の結果、水の量は、子どもたちの考え通り、圧力は、4キロでの発射です。

空気を入れる

ロケットへの空気入れです。最初のうちは簡単ですが、次第に圧力が高くなるにつれて、力が必要になってきますよ。

ロケットに水を入れる

こちらは、ロケットに水を入れる作業です。子どもたちの好みで水の量は決めます。試射を見ていますので、最良な量は分かっています。

水ロケット発射
カウントダウン

こちらは、カウントダウンです。ロケットの斜め方向に立ち、発射レバーを握りカウントダウンしました。

発射された水ロケット

ほとんどのロケットは60メートルを超え、中には、70メートルも飛ぶロケットもありました。

打ち上げられたロケットの説明

水ロケットの試射は2回行われました。教室の最後は、実際のロケットが打ちあがった後はどうなるのという問いかけです。現在は、ロケットの回収は行われていません。一部は、大気圏内で燃え尽きたりします。

※ 平成28年7月19(火)、種子島の西之表市立古田小学校で全児童を対象とした種子島宇宙センター宇宙科学技術館による移動宇宙教室水ロケット発射の模様をダイジェストで紹介しています。この動画の中には、ペットボトルを使用した水ロケットの発射の状況、児童の感想などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校活動:古田小学校移動宇宙教室水ロケット発射

 
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立古田小学校
【撮影日時】
2016年7月19日(月)/14時07分〜15時01分
2016.7.20〜