二人乗りヨット試乗体験

ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(体験学習・子供教室・活動) > 二人乗りヨット試乗体験

時折吹く快い潮風に乗って...

 平成22年5月2日(日)、西之表市川迎城ノ浜海岸において、市内の子供たちを対象とした、二人乗りヨット試乗体験が、9時〜11時まで行われました。ヨットに親しみ、海のスポーツとして楽しんでいただくために、指導者とのふれあいを通して、子供の健全育成を目指しています。今回13名の子供たちが参加してくれました。

 川迎城ノ浜海岸で、午前8時過ぎからヨットを運び出して組立て、試乗の準備をしていました。そのあとNPO法人黒潮ヨットクラブの関係者のあいさつがありました。二人乗りヨットは、オプティミスト・ディンギーという小さいヨットです。船体はFRP、セールの柱などはアルミを使用し軽量コンパクトに作られています。

 3隻のヨットを組み立て、子どもまたは親一人に対して指導者一人が付いて行われました。この日は、ほとんど風もなく海も穏やかでヨット試乗にしては、少し残念でしたが、それでも時折吹く風に乗って、子どもたちは楽しそうに笑顔を浮かべ楽しんでいました。

 なお、二人乗りヨット試乗体験については、西之表市役所[0997-22-1111]にお問い合わせてください。

ヨットを組立てる 関係者のあいさつ ヨットに初乗り
ヨットを組立てる 関係者のあいさつ ヨットに初乗り
早朝から、ヨットを運び出し、組立てていきました。しかし、実際に組立ててみると、なかなか簡単ではありません。紐の種類が多くて、間違うことも。セールは、一番最後に組立てます。 黒潮ヨットクラブの関係者によるあいさつです。「ヨットに親しみ大いに楽しんでほしい」などと話していました。 ヨットの組み立てが終わると、順番に指導者とヨットに乗り込み出発です。ご覧のとおり、風はほとんどなく、凪ていました。
浜辺で順番を待つ ライフジャケットを身に着ける ヨットに乗せて出発!
浜辺で順番を待つ ライフジャケットを身に着ける ヨットに乗せて出発!
ヨットに乗るまでは、浜辺で子どもたちは遊んでいました。パンツいっちょの子どもも。 ライフジャケットは、もしものときに命を救ってくれます。指導者が、しっかりと子どもたちに身に着けてくれていました。 ヨットは、波打ち際から少し離れています。子どもたちをヨットまでおんぶして乗せてから出発です。
いざ、出発! 沖では漁船が監視! ヨットには親も試乗
いざ、出発! 沖では漁船が監視! ヨットには親も試乗
いざ、子供を乗せて風に乗っていきます。「マストの横の棒で、頭を打たないように」気をつけるように、指導者から説明受けていました。 沖には、小型漁船が出て、ヨットを監視していました。沖には、二つのブイを浮かべ注意を図っていました。 時折吹く快い潮風に乗って、ヨットが自由に進んでいきます。子どもだけではなくて、お父さんやお母さんたちも試乗できました。
【撮影場所】
鹿児島県西之表市川迎城ノ浜海岸
【撮影日時】
2010年5月2日(日)/8時46分〜9時35分
2015.7.4〜