西之表市立国上中学校閉校式

ふるさと種子島 > 西之表市の旅行・観光情報(学校の案内) > 西之表市立国上中学校閉校式

平成二十一年三月二十二日(日)、西之表市国上にある西之表市立国上中学校で閉校式が行われました。市内中学校の統廃合に伴うもので、三月末に閉校されます。昭和二十二年五月二日学制改革により、国上・安納校区をもって西之表町立国上中学校が誕生して以来、五千百五十四名の卒業生を送り出しています。国上校区の中学校として、開校してから六十二年の歴史に幕を閉じました。

十二時三十分から国上中学校体育館にて閉校記念式典が行われました。開式のことば、国歌斉唱、市長式辞、来賓あいさつ、学校長あいさつ、生徒代表あいさつ、校歌斉唱、閉式のことばなどで無事終了しました。そのあと正門付近にて、在校生や多くの卒業生OB、各関係者が参列し閉校記念除幕式が行われました。昔の鐘が鳴り響く中、生徒全員による除幕を行いました。そして、午後二時から中学校体育館において、落語家の三遊亭遊雀さん、国上野木平出身の歌手大門三郎さんを招いての閉校記念惜別の会が行われ、あいさつの中で言葉を詰まらせ涙ぐむ場面もあり、別れを惜しみ当時を振り返っていました。

西之表市立国上中学校の閉校式の模様を掲載しています。なお、都合によりすべて撮影していませんので、ご了承ください。

さよなら西之表市立国上中学校

国上中学校正門付近 校舎 学校長あいさつ
国上中学校正門付近 校舎 学校長あいさつ
国上中学校正門付近です。門をくぐると、目の前に閉校記念碑があります。 中学校正門を入ったところから、中庭付近を写しています。左に校長室、職員室、教室など、右には特別教室などあります。写真前方が体育館です。 閉校記念式典での学校長あいさつです。開校当時のこと、生徒数の推移などこれまでの出来事、一年間の出来事、そして関係者への感謝、最後に「国上中魂永久に!!」と述べました。
生徒代表あいさつ 校歌斉唱 閉校記念碑除幕式
生徒代表あいさつ 校歌斉唱 閉校記念碑除幕式
閉校記念式典での生徒代表あいさつです。生徒会長である中村友子さんが、学校での思い出、国上中魂は心の中にあること、そして最後に「国上中 長い間お世話になりました」と締めくくり、立派なあいさつをしてくれました。 閉校記念式典の最後は、全員での校歌斉唱です。舞台方向から写しており、前列は来賓席です。 国上中学校正門付近にある閉校記念碑です。昔の鐘が響く中、生徒全員で記念碑の除幕を行いました。左に校長先生が見守っていました。このあと、実行委員長のあいさつがありました。
生徒全員合唱 先生への花束贈呈 乾杯!!
生徒全員合唱 先生への花束贈呈 乾杯!!
閉校記念惜別の会のオープニングは、生徒全員による合唱でした。そして、舞台の後方には、文化祭で全校生徒が製作したモザイクアートです。350*500cmの大きさです。「胸に刻め みんなの笑顔と国中魂」と描かれています。 閉校記念惜別の会での先生紹介です。校長先生から一人ひとり紹介された後、生徒から花束が贈られました。 閉校記念惜別の会での乾杯です。国上中第1期生卒の小倉さんが音頭を取ってくれました。
歌手〜大門三郎さん 落語家〜三遊亭遊雀さん 閉校記念手作り「黒砂糖」
歌手〜大門三郎さん 落語家〜三遊亭遊雀さん 閉校記念手作り「黒砂糖」
惜別の宴に出席された歌手大門三郎さんです。大門さんは、国上野木平出身です。とてもひょうきんな方で、体育館前でポーズを取っていただきました。なお、大門さんの新曲は、「幸せじゃん」です。 閉校記念惜別の会で、落語講演として招かれた三遊亭遊雀さんです。「なぞかけ」などで会場いっぱい笑い声が響いていました。閉校記念として、昨年、文化庁主催による「本物の舞台芸術」で落語講演を行ったのが、縁だったとのこと。 平成3年から黒砂糖作りを行っていますが、今回最後の黒糖作りとなりました。2月に砂糖すめを行ったときに、撮影した写真を提供していました。校長先生からお礼に戴いた黒砂糖です。食べないで、大事に飾っています。
校歌
作詞 ** **
作曲 ** **
     
一、ここ南の 空はれて
   北斗の星も さわやかに
   うつろ黒しお とことわに
   流れてつきぬ 島ふよう
   おどるちしおに 若人の
   集いも固し 我が母校
二、歴史は遠き 代々のあと
   いろこの君の つたえかし
   しのぶわだつみ 八重嶺の
   けだけき姿 ひたむきに
   希望にさくや 白百合の
   集いも清し 我が母校
三、ザボンにおえる 夕月夜
   祈れば北緯 三十度
   おお島ヶ根の北端に
   見よ再建の 雄叫びを
   平和のかねも 高らかに
   いらかにこもる 我が母校
四、びんろう風に さくるとも
   岩根によろう そてつ葉は
   しおかぜくだきて よろいたつ
   濁世の波を とわにせき
   自由と平和の いしづえを
   高く築かん 我が母校
西之表市立国上中学校の沿革概要
年 月 主な出来事
昭和22年5月2日 国上・伊関両小学校区をもって中学校区として設立し、開校式挙行(生徒295名、6学級編成)
昭和25年6月24日 第1期校舎8教室、校長室、職員室落成
昭和33年10月1日 市制施行により、西之表市立国上中学校と改称
昭和37年8月3日 女子バレーボール部県大会で優勝
昭和48年1月24日 文部省指定「生徒指導研究公開」
昭和49年8月4日 女子庭球部県大会優勝
昭和50年8月1日 女子庭球部県大会優勝
昭和55年2月29 学有林植樹(杉700本)
平成3年2月2日 キビ収穫、黒砂糖作り、以後毎年実施
平成7年11月17日 県中学校駅伝大会(男女出場)
平成8年5月19日 創立50周年記念式典
平成12年5月5日 卓球部女子九州大会出場
平成15年1月30日 「学校保健優良校」表彰
平成16年3月11日 アルミ缶収集により、わらび苑に車椅子寄贈
平成20年2月3日 第23回県ゆめ立体・彫刻展学校賞受賞
平成20年9月14日 閉校記念第62回体育祭開催
平成21年3月31日 国上中学校閉校

64枚の写真をフォトムービーとして作成したものです。フォトムービーの中には、当日の校舎の様子、閉校式会場の様子、閉校式、閉校碑除幕神事、閉校記念惜別の宴などを収録しています。なお、BGMを挿入しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の出来事:西之表市立国上中学校閉校式フォトムービー

 
2017.2.2〜