天上の遥かなる神を仰ぐ門

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 南種子町の記念碑 > 天上の遥かなる神を仰ぐ門

浜田藤太郎氏に関する碑

天上の遥かなる神を仰ぐ門
【撮影場所】
鹿児島県南種子町西之本村七色観望台
【撮影日時】
2007年10月20日/12時55分

 南種子町門倉岬の近くに七色観望台があります。明治37年1月西之本村で生れた浜田藤太郎氏は、昭和38年4月から3期12年南種子町長として要職についていましたが、晩年は、この地で過ごし亡くなった後、南種子町に寄贈しています。そして、七色観望台と命名され、前之浜海岸をはじめパノラマ展望ができる場所になっています。観望台にはたくさんの記念碑がありますが、その中で写真の記念碑を紹介します。右の記念碑は「天上の遥かなる神を仰ぐ門」の碑、左は「遙かなる御神をむかえる心」の碑です。右の記念碑には次の碑文が刻まれています。

 天上の遥かなる
     神を仰ぐ門
 果てしなき天体と万物を創造
なきつた大宇宙神の偉大なる
大生命力と無窮に輝くその聖
光を遥に仰ぎ乍ら深き祈を捧
ぐれば天上のみ声に励まされ
し吾生命に新たなる真実の法
胸に湧くをおぼえる
一九八六年二月 浜田藤太郎

 左の記念碑は次の碑文が刻まれています。

 遙かなる
     御神をむかえる心
吾が気よ 一つに結集して
み神を迎えよ 吾が気は永遠
不滅の偉大なる大宇宙神のみ
教えに依り あらゆる不純な
る事物を排除し 吾が想念か
ら体内の悪しき沈着物ありと
する暗示を 悉く洗い清める
そこに苦悩とかずかずの罪を
背負う迷の道から神の通路へ
とわけ入る 一瞬にして 吾
が生命の正純なる発動に気ず
く 以来 吾は暗い運命と不
安恐怖の世界から 脱出して
平和と清浄の心境のもとに自
発する楽しい希望の世界に神
人一如の光明のもと吾が人生
は永遠を目指して一路直進す
る努力を誓うものである
     一九八六年二月  浜田藤太郎

 碑文は以上です。なお、読み違いがあるかもしれません。