切実な心境を記す

ふるさと種子島 > 種子島の記念碑 > 南種子町の記念碑 > 切実な心境を記す

浜田藤太郎氏に関する碑

切実な心境を記す
【撮影場所】
鹿児島県南種子町西之本村七色観望台
【撮影日時】
2007年10月20日/12時56分

 南種子町門倉岬の近くに七色観望台があります。明治37年1月西之本村で生れた浜田藤太郎氏は、昭和38年4月から3期12年南種子町長として要職についていましたが、晩年は、この地で過ごし亡くなった後、南種子町に寄贈しています。そして、七色観望台と命名され、前之浜海岸をはじめパノラマ展望ができる場所になっています。観望台にはたくさんの記念碑がありますが、その中で写真の記念碑を紹介します。記念碑には次の碑文が刻まれています。

    切実な心境を記す
歴史は善悪を問わず百%の教訓を伴う成果は見る人の心の問題である。としたら人間の教育は更に先行すべきもの、吾々の日常の足跡はそのまま歴史として残る。併し抽象的な表面的なものは才月に流され、人の心に喰い込む具体的なもの稀世に生きて行く、くも悪くも二度とない貴い吾が一生自分の歴史は子孫に残したい。それは地位や、名誉のためではない。一片の利欲や野心に根ざす愚かなものでは更にない。自分を育てた、自然環境や地域社会に恩返しの気持、そして、後の世の人々の豊かな人生創造を祈る老婆心は、この碑の構想に手をつけねば済まされない心の躍動におそわれた。ふる里は地球全体を意味し大宇宙の無限に連座する茲にわが生命は生れる。ふる里の根源的導きを肝に徹せん。肝とはまさに人間の心生命の成長は、この心の訓練、充実に基く、特に人間に偉大なる能力を授け給うた神は人間の心を絶対的通路に選び給い神大宇宙そして人間の三界一如の実証を展開されるこの感動的な人間の心とふる里の歴史の中から後世の人々に語り伝えて貰いたい三先輩の具体的な行蹟を讃えた。結びには、地上生命の直面する未来永劫の行く手を神の前に立って、教示を祈る碑を完成したい。
   昭和五十九年(一九八四年)十二月吉日   書岩坪安昌
              浜田藤太郎   彫刻寺田石材工業

 碑文は以上です。なお、読み違いがあるかもしれません。