移住記念碑

移住記念に関する碑

移住記念碑
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田番屋峯公民館
【撮影日時】
2007年9月17日/11時09分

 ここは、西之表市古田番屋峯地域です。現在、お茶の生産で種子島で一番栽培面積の広い地域で有名です。その移住記念碑は、番屋峯公民館の一角に「茶業記念碑」と並んで建てられています。その記念碑には次のような碑文が刻まれています。

 番屋峰
 移住記念碑
     昭和六十年二月
        部落民一同建之

松下助七   明治四十二年
         静岡県城東郡河東村字前田二十七番地
松下清作   明治四十二年
         静岡県小笠郡南山村河東二百十五番地
栗田茂三郎 明治四十二年
         静岡県小笠郡中村大石
澤柳茂三郎 明治四十三年
         静岡県小笠郡千浜村千浜一番地
杉森伊八   明治四十四年
         静岡県小笠郡南山村河東百三十一番地
松下周平   明治四十四年
         静岡県小笠郡南山村河東九十六番地
下嶋今吉   大正三年
         静岡県南山村高橋百十六番地
射場春太郎 明治三十九年増田移住
         大正八年当地へ移る
         徳島県海部郡中木頭村
中村隆太郎 大正八年
         静岡県小笠郡雨桜村上?木坂下

 碑文は以上です。読めない文字、或いは変換不可能な文字は?で示しています。なお、碑文の読み違いがあるかもしれません。

2014.3.7〜