日典上人誕生之地

日典上人に関する碑

日典上人誕生之地
【撮影場所】
鹿児島県西之表市川迎
【撮影日時】
2006年12月16日/9時51分

日典上人は、西之表市川迎の蔵野に生まれ、奈良で律宗の修業の後、再び種子島に戻り、法華宗を広めていった初めての人物です。しかし、律宗を重んじる島民から、その後迫害を受け殺されてしまいます。時に日典上人六十三歳でした。

その日典上人の誕生地は川迎公民館のすぐ近くの民家の一角にあります。誕生之地記念碑に刻まれている碑文は、次のとおりです。

日典上人誕生之地
元帥海軍大?東郷平八郎書
應永八年壬年十一月十四日誕生
寛正?四末四月念一本法色
讀化于榕城川迎
大正拾三年九月下西区民建之
?四位男爵種子島守時書

碑文は以上です。文章の中で?は読めない字、或いは変換不能の字です。なお、文字によっては読み違いがあるかもしれません。

塰泊下西校線日典上人誕生之地前

塰泊下西校線日典上人誕生之地前です。↑下西小学校・国道58号線、↓国道58号線・塰泊。日典上人誕生之地は、前方右公園内にあります。

現在の日典上人誕生之地の石碑

写真は、現在の日典上人誕生之地の石碑です。この場所で、十五夜になると、地域PTAで綱練を行います。

日典上人誕生之地の題目

日典上人誕生之地に刻まれている題目です。この石碑で特徴なのは、海軍元帥の東郷平八郎の書によるものです。

2014.3.18〜