射場祭(いばさい)

ふるさと種子島 > 種子島の郷土芸能 > 射場祭(いばさい)

弓矢を射て、悪魔払いを行う射場祭

射場祭(いばさい)〜お供え物
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上奥神社
【撮影日時】
2016年1月15日(金)/9時48分〜11時58分
【奉納場所】
西之表市国上奥神社
【奉納時期】
毎年一月十五日、午前十時より
【アクセス方法】
西之表市市街地から県道581号線と国上中目から広域農道を経由すること、約25分で奥神社に着きます。

【射場祭の説明】

毎年一月十五日午前十時から行われている正月行事の「射場祭(いばさい)」です。的とヒラギを射て、無病息災、家内安全、地域の発展、安泰などを祈願とする行事です。

昔、奥神社周辺では鹿狩りが盛んに行われており、鹿倉もあったところです。そして、山の祭も行われ、種子島家島主から崇敬されてきた神社です。道路を挟んで奥神社の反対側は、「射場下」と言われ、昔、殿様が狩りに来るとき、前もって家来たちがこの射場下に鹿を追い込んでいて、殿様がそこで狩りをしていたといいます。現在でも「射場下」と地元では呼んでいます。

午前十時になると、関係者により神事が神社拝殿で行われます。神棚には、弓、矢、的、ヒラギなども奉納されています。神主により祈祷が行われ、全員で玉ぐしを奉納すると、神社での神事も終わりです。写真一枚目は、神棚に供えられた供物です。

神社拝殿での神事が終わると、的場で神事を行います。的場には、二つの的(直径50センチ)、三本のヒラギ、弓、矢をおき御祓いを行います。以前は、神主による御祓いが終わると、神主も含め全員お神酒を受けていましたが、今は行っていません。

的場での神事が終わると、いよいよ的、ヒラギを射ち割るまで、西之表市弓道連盟や地区公民館長など的から約三十メートル離れた場所から矢を放っていきます。ヒラギは十五センチ四方の小さな三分板です。ヒラギは三枚ありすべて射ち割らないと、宴会も始まりません。的は、比較的簡単に当たりますが、小さなヒラギにはなかなか矢が当ってくれません。ヒラギも当り終わると、、無事射場祭も終了します。そして、境内で宴会が行われるのです。

射場祭神事 午前10時から関係者が集まる射場祭神事が行われました。宮司による祈祷が行われているのです。一般参列者は、外で静かに見守っています。
15センチ四方のヒラギ これは15センチ四方のヒラギです。中には、平成28年射場祭と書かれており、銀紙を小さく切ったものが入っています。割れたときに、四方に散らばるように工夫しています。
西之表市弓道連盟による試射 写真は、西之表市弓道連盟による試射です。矢は、2本ずつ打ち放されます。
関係者による試射 射場祭には西之表市弓道連盟も参加しています。三十メートル先のヒラギを狙います。十五センチ四方のヒラギになかなか当ってくれません。代わる代わる関係者も矢を放ちます。
関係者による試射 射場祭に参加された方ならどなたでも弓を射ることができます。写真手前は、国上校区長です。
的場にある最後のヒラギ 的場にある最後のヒラギです。写真中央やや左に放った矢が見えているのですが、このあと、ヒラギに命中します。そして、今年も無事悪魔払いも終了です。
ナオライでのお神酒受け 的場にあるヒラギを全て打ち割ると、関係者によるナオライが行われます。写真はお神酒受けです。なお、写真中央に貝汁が振舞われているのです。

 

※ 2016年1月15日、西之表市国上奥神社で行われた射場祭を撮影したものです。的場でのお祓い、模範試射、関係者によるヒラギ的試射、ナオライ、貝汁などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の伝統行事:国上奥神社の射場祭弓矢でヒラギを打ち割って悪魔払い2016年

※ 2013年1月15日、西之表市国上奥神社で行われた射場祭を撮影したものです。的場でのお祓い、射場、宴会、エイサーの披露などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の伝統行事:奥神社の射場祭(西之表市国上奥)

 
2016.1.17〜