ふるさと種子島 > 故郷の山 > 大光山

大光寺という律宗寺があった山

南種子町島間から県道588号線を経由して、島間小学校前の町道を長谷に向って進むと、「上妻城址」の案内板があります。

その前の細い道をそのまま行くと、農道に出てきます。その地点が写真右側になります。その周辺の山を「大光山」と呼んでいます。

この大光山には、種子島時氏が島主時代に大光寺という律宗寺があったといいます。その後、法華宗に改宗されていき律宗はなくなります。

現在、寺の形跡はまったくありません。大光山周辺の高さは114メートルです。雑木林や杉林があり、土地改良で畑もあります。

農道沿いには、人口ため池もあり、かんがい用に使われています。周辺には、スダジイの老木もあり、自然豊かな山です。

塚川の源流付近にある山です。写真では、大光山を西側から撮影したものです。大光山は、上妻城址から見れば、北東側にあたります。

上方大久保線大光山の石塔入口前

長谷島間線上妻城址前交差点付近です。これより右へ大光山へ通じる細道となっています。↑島間小学校・島間港、↓長谷・国道58号線。

大光山の石塔に通じる細道

写真は、大光山へ通じる細道です。このまま進むと、上妻城址です。大光山は左側です。この先にアコウの大木があります。

大光山
大光山の石塔

上妻城址から大光山へ通じる細道沿いにあるアコウの大木です。ほかの樹木を抱き込んでいます。

2015.3.2〜