ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 鹿鳴川

全長約7キロの川

南種子町前之浜海岸の河口付近の鹿鳴川です。この川は、本村、平野、田代、野大野を流れています。

川の全長は、約7キロと推定されます。川の両サイドは、本村だけが水田地帯です。

また、河川工事も行われているので、コンクリートなどの壁がたくさんあります。ここから山手を展望すると景色も素晴らしいです。

特に河口付近が美しい川です。

写真の場所は、鹿鳴川の河口付近です。この後方は海で、上流側を撮影したものです。写真でも分かるとおり、水の流れもたいへん穏やかな場所です。この河口付近沖合で、かつてドラメルタン号が漂着した場所になっています。

鹿鳴橋

ここは、河口から約1キロちょっと上った地点県道75号線に架かっている鹿鳴橋です。右が上流側です。

鹿鳴橋から下流側を写す

写真は、鹿鳴橋から下流側を写しています。水田地帯の恵みの川になっているのです。

鹿鳴橋から上流側を写す

写真は、鹿鳴橋から上流側を写しています。毎年2月に、西之校区では、潮祭りを行っています。その祭りの最初は、これより200メートル上流の川沿いで行われます。

鹿鳴川
田代橋下の川の様子

ここは、鹿鳴川の上流の地域田代です。田代橋下の川の様子です。かつて鹿鳴川には、田代地域に水力発電所があったことで、昭和4年に部落民の光として灯されていました。

2014.12.29〜