ふるさと種子島 > 種子島の川 > 大渡瀬川

平鍋ポンプ場のある川

東シナ海に面する大渡瀬川河口付近

写真は、海岸付近の河口から撮影したものです。海岸は、砂浜となっており、波や雨によって、河口が絶えず変化しています。

中種子町納官平鍋にある大渡瀬川です。河口は東シナ海に面しています。

大渡瀬川の全長は、約6キロと推定されます。最上流は二十番付近です。また、小さな支流が1つあります。

その支流側に中種子町の水がめとしての平鍋ポンプ場があります。川沿いは、水田や雑木林、杉林になっています。

大渡瀬川河口付近の海岸

東シナ海に面した河口付近は、海に平行して流れ、蛇行しながら海に流れ込んでいます。

国道58号線に架かる大渡瀬橋

国道58号線に架かる大渡瀬橋です。平鍋広野線(旧国道58号線)から下流側を撮影したものです。

大渡瀬川に架かる大平橋を撮影した風景写真

写真は、大渡瀬川に架かる大平橋を撮影したものです。中種子町の文化財に指定されているものです。

大渡瀬川石橋大平橋の文化財案内板

写真は、石橋大平橋の文化財案内板です。昭和二年九月に竣工。桜島の石工が造ったと伝えられています。

石橋大平橋から大渡瀬川の上流側を撮影した風景写真

石橋大平橋から大渡瀬川の上流側を撮影したものです。農業用水や上水道にも利用されています。これより右に支流があります。

【撮影場所】
鹿児島県中種子町納官大渡瀬川、平鍋海岸
【撮影日時】
2017年7月26日(水)/11時08分〜11時33分
2015.1.28〜