ふるさと種子島 > 故郷の川(種子島の川) > 大渡瀬川

平鍋ポンプ場のある川

中種子町平鍋にある大渡瀬川です。河口は東シナ海に面しています。

大渡瀬川の全長は、約6キロと推定されます。最上流は二十番付近です。また、小さな支流が1つあります。

その支流側に中種子町の水がめとしての平鍋ポンプ場があります。川沿いは、水田や雑木林、杉林になっています。

写真は、海岸付近の河口から撮影したものです。海岸は、砂浜となっており、波や雨によって、河口が絶えず変化しています。

旧国道に架かっていた大平橋

写真の場所は、河口から約1キロの地点にある旧国道に架かっていた大平橋の上から大渡瀬川の上流側を撮影したものです。農業用水や上水道にも利用されています。

大渡瀬川に架かっている大平橋

写真は、大平橋を撮影したものです。中種子町の文化財に指定されているものです。

大渡瀬川
大渡瀬川の河口付近

大渡瀬川の河口です。河口は、砂浜です。川の中を見ると、黒い砂鉄も多く見られます。

2015.1.28〜