1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の川>
  3. 甲女川

最上流は鞍勇付近

国道58号線に架かる天神橋から河口付近を撮影した甲女川の夕焼写真

国道58号線に架かる天神橋から河口付近を撮影したものです。前方に赤尾木橋が見えています。干満の影響を受け、川の水位が変化し海水と混ざり合います。夕陽が映りこんだ満潮時の状況です。

西之表市街地を流れている唯一の川で甲女川(こうめがわ)です。甲女川の全長は、約7.5キロと推定されます。河口は西之表港赤尾木湾に面しています。

平成13年9月2日(日)、夕方に発生した西之表豪雨で被害の多かった川です。西之表豪雨では、付近で氾濫が起きて1メートル以上浸水が発生した場所もありました。

河口付近では、初夏になるとハマボウが黄色い花を咲かせてくれます。

満潮時の甲女川河口

写真は、満潮時の甲女川河口付近を撮影したものです。前方に赤尾木橋が見えています。

干潮時の甲女川河口

写真は、干潮時の状況です。橋げた付近の中州が見えています。

国道58号線に架かる天神橋から上流側を撮影した甲女川

写真は、国道58号線に架かる天神橋から上流側を撮影したものです。満潮時の状況です。

高浜橋から上流側を撮影した甲女川

高浜橋から上流側を撮影したものです。川岸には、水辺の植物ハマボウが自生しています。

県道76号線沿いの甲女川写真

県道76号線沿いの甲女川です。河口から約1キロ上流付近です。時期になると、カモが多数やってきます。この周辺にもハマボウが自生しています。

甲女川

写真の場所は、河口から直線で約2.8キロの地点です。これより下流に、西之表市街地の水がめである阿曾浄水場(中央右)があります。

一里塚で甲女川の分流

甲女川は一里塚で二つに分流します。左は竹鶴、さらに二つに分流しています。右は岳之田です。榕城橋から撮影したものです。

甲女川の最上流地点

新岳之田橋から下流側を撮影したものです。現在の様子です。河川工事が行われてきました。

清流峡前の甲女川

この場所は、清流峡前の甲女川です。ここで二つに分流します。左方は、鞍勇が源流、手前は、七番が源流です。右は下流です。

【撮影場所】
鹿児島県西之表市天神町、城、雁田、一里塚、香料前、そのほか
【撮影日時】
2017年7月21・23・25日(金・日・火)/11時25分〜15時22分、ほか
2015.1.21〜