1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の川>
  3. 川脇川

最上流は古田番屋峯付近

太平洋に面する川脇川の河口付近

太平洋に面する川脇川の河口付近です。安城漁港の横が河口です。川幅もやや広く、干満によって、絶えず水位が変化しています。

西之表市安城川脇に河口のある川脇川です。この川は、安城、古田を流れていて、全長は約9.5キロと推定されます。

種子島で一番長い川です。川脇川は安城で右に支流があり、古田では左に支流が3つ、右に1つ、上之町付近でさらに2つに分かれています。

そして、最上流は古田番屋峯付近にあります。平成13年9月2日の西之表豪雨で、災害もひどかった川です。少し上流付近と古田では川沿いに水田があります。

河口付近に架かる川脇橋(旧県道に架かる橋)から上流側を撮影した川脇川

河口付近に架かる川脇橋(旧県道に架かる橋)から上流側を撮影したものです。やや潮の引いた状態です。

安成橋から撮影した川脇川

河口から約700メートル上流にある安成橋から撮影したものです。川の両サイドには水田が広がっています。灌漑用水として利用されています。

川脇川のヤクタネゴヨウの大木

川脇川の岸にあるヤクタネゴヨウの大木です。絶滅が危惧されている貴重な樹木です。写真やや右中央です。

発電所建屋があった川付近

かつて発電所建屋があった川付近を撮影したものです。西之表豪雨によって、橋げたなどが壊れてしまい被害を受けています。

倒壊した水力発電所建屋

かつて、川脇川には、水力発電所があり、昭和48年ごろまで稼働していました。現在は、建屋も倒壊して残骸が残っています。写真は、平成29年1月29日に撮影していたものです。

川脇川の水力発電用ダム

写真は、水力発電用ダムです。現在は、土砂が堆積し、ほとんど深みはなく浅くなっています。取水口は、写真右にあります。

川脇川の十三番への支流

川脇川の支流です。下流側を撮影したものです。最上流は、十三番付近です。

古田中之町の堰場

古田中之町にある堰場です。左に支流があり番屋峯付近に最上流があります。また、ここから水田用に用水路が左にあります。

古田上之町ゲンジホタル観察ポイント

古田上之町です。川脇川は、写真左に並行しています。この場所は、ゲンジホタルの観察場所です。特に、前方のガードレールが見えるところがポイントです。

上之町ホタルの観察場所の川脇川

ホタルの観察時期は、5月10日〜20日までの期間が最適です。なお、最上流は、鞍勇入口付近と番屋峯にあります。

【撮影場所】
鹿児島県西之表市安城川脇、古田中之町、上之町
【撮影日時】
2017年7月21日(金)/13時57分〜14時36分、ほか
2015.1.27〜